Photo: Nintendo

ニンテンドー・オブ・アメリカの社長ダグ・バウザーは任天堂がNintendo Switch用のJoy-Conについて「継続的に改良」していると語っている。

Joy-Conは左右一対のNintendo Switch用コントローラーで、Nintendo Switch本体の液晶画面の両側に装着すれば携帯型ゲーム機として場所を選ばずにプレイできるようになる。Joy-Conはそれぞれ小型のコントローラーとして単体で使用することもでき、コントローラーを分け合えばテレビのない場所でもNintendo Switchの画面をシェアして対戦や協力プレイが楽しめる。また、Wiiリモコンのようにモーションセンサーも搭載されている。

一方、2017年にNintendo Switchがリリースされて以来、Joy-Conはコントローラーを操作していないのに勝手に反応してしまう「ドリフト」問題を抱える欠陥品だと批判を受けてきた。

ダグ・バウザーは『ザ・ヴァージ』のインタヴューで「Nintendo Switchの発売から約5年半が経過しました。ゲームプレイやユーザーがどのようにユニットを装着して使用しているかを調査し、Joy-Conを継続的に改良してきました。有機ELモデルに同梱されているコントローラーも改良されています」と述べている。

さらに、有機ELモデルと共に登場した最新のコントローラーは「アップデートされたアナログスティック」が搭載されてると語っており、現在は旧型モデルとNintendo Switch Liteにも最新のコントローラーが導入されていると続けている。

ダグ・バウザーは先日アップデートされたNINTENDO 64の各タイトルをNintendo Switchでプレイできる新しい料金プランの「Nintendo Switch Online + 追加パック」についても、寄せられた批判的なフィードバックを真摯に受け止めて改善方法を模索していると語っている。プレミアム会員になるとNINTENDO 64やセガ・メガドライブのゲームをプレイできるようになるが、このサービスの価格や品質などをめぐりプレイヤーから批判の声が寄せられている。

ユーザーからのフィードバックを受けて、ダグ・バウザーは次のように述べている。「オンライン向けの機能やゲームを改善する方法を常に模索しており、今後もより多くのサービスやゲームに付加価値を提供していきたいと考えております」

その他のニュースとして、タートル・ロック・スタジオ社は協力型ゾンビシューティング・ゲーム『バック・フォー・ブラッド』について、パラサイト「リドゥン」の出現率が高すぎる不具合が影響して「意図していたよりもはるかに難易度が高くなっている」ことを認めている。同社は現在この不具合の修正に取り組んでおり、ゲームの難易度が調整される予定となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ