Photo: Nintendo

『ゼルダの伝説』は35周年に際してリマスター版の商品を発売することを示唆する商標登録が発見されている。

『ゲームラント』によれば、「KeliosFR」というツイッター・ユーザーは任天堂が『ゼルダの伝説 風のタクト』と『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』の商標を2020年1月にオーストラリアで出願していたことを発見したという。

また、2020年8月に『時のオカリナ』の商標登録をしたことも発見されており、Nintendo Switchでリマスター版の発売が間近なのではないかという憶測を呼んでいる。

ニンテンドーDSで発売された『夢幻の砂時計』はダブルスクリーン機能を採用していた。

過去には『時のオカリナ』がニンテンドー3DS用にリマスター版として発売され、『風のタクト』と『トワイライトプリンセス』はWii U用にHDリマスター版が発売されていることから、今回のリマスター集の中にも含まれるのではないかと見られている。

『ノーモア・ヒーローズ』や『ゼノブレイド』を含む過去のWiiタイトルのリマスター版に続き、『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』のリマスター版も発売されるのではないかとも見られている。

昨年、Amazon UKでは『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』のNintendo Switch版ページが発見されて話題となっていた。

『ゼルダの伝説』は、1986年2月21日に日本でファミコンのディスクシステムと同時に発売され、2021年2月21日に35周年を迎える。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ