Photo: Netflix / Riot Games

ネットフリックスで配信中のアニメシリーズ『アーケイン』が韓国のドラマ『イカゲーム』を抑えてネットフリックスの視聴ランキングで1位を獲得したことが報じられている。『イカゲーム』はネットフリックスのオリジナルドラマで、今年9月に配信が開始されてから世界中で人気を集めていた。

人気MOBAゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』を元にしたアニメ『アーケイン』は11月7日にネットフリックスで公開され、配信開始から僅か3日で最も視聴された作品となっている。配信動画のランキング集計サイト「フリックス・パトロール」によると、『アーケイン』は11月9日にネットフリックスのテレビシリーズ・ランキングで1位を獲得している。

『IGN』は『アーケイン』が世界37カ国で1位を獲得しているほか、ネットフリックスが利用できない中国でも爆発的な人気を博していると報じている。また『ブルームバーグ』によれば、同アニメは中国で1億3,000万回を超える再生回数を記録しており、テンセント社が所有する動画配信プラットフォームで最も検索されたトピックスとなっている。テンセント社は『リーグ・オブ・レジェンド』を手掛けるライアットゲームズの株式を保有している。

大ヒット中の韓国ドラマ『イカゲーム』は今年9月17日に全世界で公開されると、約2ヶ月にわたってアメリカのネットフリックス・ランキングで首位を維持しており、シンガポール、ベトナム、クウェートといった他の多くの国と地域でも1位を獲得している。

『イカゲーム』に関してクリエイター兼ディレクターであるファン・ドンヒョクはシーズン2を制作中であることを明らかにしている。「シーズン2に対して皆さまから大きな期待とご要望を寄せていただいています。ですから、続編を制作する以外の選択肢はないのではないかと感じています」

その他のニュースとして、ライアットゲームズは『アーケイン』の公開を記念して『リーグ・オブ・レジェンド』、『ヴァロラント』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』を含むすべての自社ゲーム・タイトルで『アーケイン』をテーマにしたコンテンツを追加することを発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ