Photo: Innersloth

ネットフリックスのアニメシリーズ『アーケイン』の公開を記念して、宇宙人狼ゲーム『アモング・アス』とのコラボレーションが実施されると見られている。『アーケイン』はライアットゲームズの人気MOBAゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』を元にした初のアニメーションシリーズとなっている。

ライアットゲームズは現在、アニメ放送を記念して様々な作品とクロスオーバー・イベントを実施している。今回はライアットゲームズの主催ではなく、『アモング・アス』内でコラボレーション・イベントが開催されると見られている。

ライアットゲームズは『アーケイン』の公開を祝うイベントの一環として「プログレス・デイズ(進化の日々)」を11月7日から11月13日まで開催することを発表している。「プログレス・デイズ」はアニメに登場する街「ピルトーヴァー」の祝日にちなんだものとなっている。『PCゲーマー』によると、『アモング・アス』には「ピルトーヴァーの執行官」と科学者「ハイマーディンガー」がプレイアブル・キャラクターとして登場すると報じられている。

『アーケイン』の放送を記念するイベントは他にも開催されている。ライアットゲームズは先日、エピック・ゲームズが手掛ける『フォートナイト』に『リーグ・オブ・レジェンド』のチャンピオンである「ジンクス」が登場することを発表している。さらに、エピック・ゲームズ・ストアには『リーグ・オブ・レジェンド』、『チームファイト タクティクス』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』、『ヴァロラント』といったライアットゲームズの作品が追加されている。

『フォートナイト』とのコラボレーションを受けて、ライアット・エクスペリエンス(XP)部門でクロスプロダクト・エクスペリエンスおよびパートナーシップ・リードを務めるブランドン・ミアオは次のように述べている。「『フォートナイト』はゲーム内外でプレイヤーのゲーム体験を豊かにするコンテンツの提供に尽力しながら、注目度の高いコラボレーションやエンターテイメントの体験を実現してきました」

また、『リーグ・オブ・レジェンド』の世界大会「リーグ・オブ・レジェンドワールド・チャンピオンシップ 2021」について、現地時間11月6日から11月7日まで開催された決勝戦の視聴者数が記録を更新している。本大会では中国がチャンピオンの座に輝いている。最高視聴者数は400万人を突破しているものの、中国ではトラッキングされない配信プラットフォームで決勝戦が視聴されていたため、この視聴者数に中国は含まれていない。

11月6日に行われた試合の最高視聴者数は歴代の『リーグ・オブ・レジェンド』の視聴者数の記録を塗り替えたただけでなく、スマートフォン向けゲームを除くすべてのeスポーツ・イベントで過去最高の視聴者数を記録している。ツイッターには中国のファンたちが優勝を祝っている動画が投稿されており、この様子から最終的な視聴者数は集計されているものよりもはるかに多いと見られている。

その他のニュースとして、11月9日にリリースされるレーシングゲーム『フォルツァ ホライゾン5』ではカットシーンに手話の通訳を追加できる機能や、オフラインでプレイする際にゲームスピードを遅くするオプションなどのアクセシビリティ機能が多数追加されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ