Photo: Ubisoft

ユービーアイソフトは年末に向けて配信される『アサシン クリード ヴァルハラ』のコンテンツ・アップデートのスケジュールをツイッター・アカウントで公開している。

同ツイートでは11月中に「タイトルアップデート1.4.0」がリリースされるとしており、このアップデートは本日11月9日午後3時にリリース済みとなっている。新たなコンテンツとして「死した者の墓」に加えて、「パーフェクト・パリィ」、「マスター・カウンター・ロール」、「改良版ボウ・スタン・フィニッシャー」などの新スキルも追加されている。アップデートに必要な容量はプラットフォームによって異なり、最小4.55GBから最大25GBとなっている。

また、期間限定の無料イベント「オスコレイア祭」が11月11日から12月2日まで開催される予定となっており、「乗馬」や「精霊と対峙する大会」など新たなアクティビティやクエストが楽しめるほか、イベントにちなんだ報酬も用意されている。

さらに、12月には「タイトルアップデート1.4.1」が配信予定となっており、詳細については後日公開されるものと見られている。

先月、リーク情報の提供者として知られるジョナサンは『アサシン クリード ヴァルハラ』のファイルにデータマイニングを行った結果、拡張コンテンツ第3弾の内容が部分的に明らかになったと報告している。コードを読み解いた結果、次回の拡張コンテンツのタイトルは「ラグナロクの夜明け(Dawn of Ragnarök)」となり、舞台はドワーフの王国「スヴァルトアールヴヘイム」となることを確認できたという。また、エイヴォルの新たな能力や新武器についても明らかになったとしている。

今回ユービーアイソフトが公開したスケジュールの中にはジョナサンが指摘していた「ラグナロクの夜明け」は含まれていなかった。配信される可能性があるとすれば、リリースは2022年になるものと予想される。

その他のニュースとして、『マス・エフェクト』シリーズ3部作で女性のシェパード役の声優を務めたジェニファー・ヘイルは『マスエフェクト3』のダウンロード・コンテンツ「シタデル」は「ファンに向けたラブレター」となるように開発が進められていたことを明かしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ