Photo: 2K Games

米ゲーム開発会社のフィラクシス・ゲームズはシミュレーションRPG『マーベル ミッドナイト・サンズ』の発売を2022年下半期まで延期することを発表している。

現地時間11月3日にクリエイティヴ・ディレクターのジェイク・ソロモンとシニア・フランチャイズ・プロデューサーのガース・ディエンジェリスが『マーベル ミッドナイト・サンズ』の公式ツイッター・アカウントで発売延期の理由を説明している。

「皆さん、『マーベル ミッドナイト・サンズ』を待ち望む声をお寄せいただきありがとうございます。フィラクシス・ゲームズを代表してお礼申し上げます。マーベル ミッドナイト・サンズ』に関する情報が解禁されたときの皆さんの反応を見て、私たちはとても感激していました」

新たな発売日は明かされていないが、発売は2022年後半まで延期になることが発表されている。

「『マーベル ミッドナイト・サンズ』の発売を2022年後半まで延期するという厳しい決断をしたことをお伝えします。多くのファンのみなさまが来春の発売を心待ちにされていることは承知していますし、延期の決断は簡単なものではありませんでした。ですが、できる限り最高のゲームを制作するために発売を延期せざるを得ませんでした」

そして、発売までの期間でクオリティを上げるために注力していくというメッセージで締めくくられている。

「発売延期により確保された時間でストーリーやシネマティックな映像を追加して作品全体を磨き上げていきます。この時間は私たちが思い描くヴィジョンを実現するために必要不可欠なものです」

『マーベル』に関するその他のニュースとして、スクウェア・エニックスの代表取締役社長である松田洋祐は2021年3月期のアニュアル・レポートで『アベンジャーズ』が「十分な成果を出すことができませんでした」と報告している。

同報告書では『ファイナル・ファンタジーVII リメイク』は大きな利益貢献を実現することができたとする一方で、『アベンジャーズ』は厳しい結果になったと述べ、『アベンジャーズ』は「GaaS(Games as a Service:売り切り型ではなく継続的なアップデートを提供するゲーム)に挑戦した野心作でした」と説明している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ