Photo: Microsoft

12月8日にリリースされる新作FPS『ヘイロー・インフィニット』について、これまでに公開された「キャンペーン・モード」のプレイ映像を比較して作品の進化を伝える動画がYouTubeチャンネルで公開されている。

公開された比較動画はこちらから。

この動画は2021年10月25日に公開された最新映像を、2019年公開のE3用映像「ディスカヴァー・ホープ」や2020年公開のキャンペーン・モードの映像と比較しており、ゲーム内のヴィジュアルのテクスチャや照明効果、ゲームのユーザー・インターフェースの細かな変更点などに焦点をあてている。

ゲーム内のモデルそのものに大きな変更は見られないが、最新映像ではゲーム内のテクスチャが改善されてより細かな描写が実現されている。

最近ではXboxの公式ツイッター・アカウントも作品の比較画像を取り上げており、ファンたちの間で「クレイグ」と呼ばれ、ネタ画像として拡散されてきたキャラクターの画像を投稿している。343インダストリーズは現地時間10月28日に公開したブログ記事のなかで「クレイグ」の映像のクオリティが低いとする批判が結果的には作品にとってプラスに働いたと述べている。

キャラクター・デザインと戦闘シーンのデザインを担当したスティーヴ・ディックは「クレイグのおかげで、作品により多く時間を費やすことになり、ブルート族をチームが満足できる内容に仕上げることができました」と明かしている。「開発チームは『ヘイロー』のコミュニティの期待に応えて多くのことに取り組みました。これはその例の1つです。『ヘイロー・インフィニット』を注意深くプレイしてみると、作品ではクレイグが存在したという証を見つけることができるでしょう。彼の精神は生き続けているのです!」

基本プレイ無料の『ヘイロー・インフィニット』はキャンペーン・モードを含む有料版とともにPC、Xbox One、XboxシリーズX/S向けに2021年12月8日にリリース予定となっている。

その他のニュースとして、イド・ソフトウェア社が過去の定番シリーズをベースにした未発表のプロジェクトのために人材を募集していることから、FPS『クエイク』シリーズの新作が登場するのではないかという噂が広まっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ