Photo: Niantic

ポケモンGO』の開発を手がけるナイアンティック社は10月27日からスマートフォン向けアプリ『ピクミン ブルーム』の先行配信をオーストラリアとシンガポールで開始している。

ナイアンティック社の公式サイトによれば、任天堂との共同開発で誕生したこのアプリは「あらゆる人に歩くことをより楽しんでいただく」ことを目的としている。

『ピクミン ブルーム』は様々なポケモンを捕まえて遊ぶ『ポケモンGO』とは趣の異なる作品で、プレイヤーは7種類の不思議な生き物「ピクミン」と出会って彼らの成長を見守りながら、アプリ上で世界を緑化していくことになる。

開発元が「『ピクミン ブルーム』で最も重要なことは『歩くこと』です」と説明している通り、プレイヤーはリアルの世界を歩きながら「ピクミン」の苗を発見し、その苗を集めて育てていくことになる。「ピクミン」を連れたプレイヤーが通った道にはアプリ上で花を咲かせることができる。歩くと採ることができるさまざまなフルーツの「エキス」を「ピクミン」に与えると、彼らの頭からは「キレイな花」が咲くという。また、その花びらを摘んで植えることで、より個性的な植物を育てることができる。

『ピクミン ブルーム』にはログ機能も搭載されており、プレイヤーは1日の終わりにその日に歩いた歩数とルートを振り返ることができる。「ライフログ」にメモや写真を追加すると「何気ない日常を思い出として残すこともできる」という。さらに『ポケモンGO』の「ギフト」に相当する要素もあり、「ピクミン」たちが時々持ち帰ってくる「通った場所の写真付きポストカード」は保存したり友達に送信することもできる。

ナイアンティック社の創業者の1人で最高経営責任者であるジョン・ハンケは『ピクミン ブルーム』の発表映像で「より多くの人が歩いて花を咲かせることで皆さんの街が花でいっぱいになり、毎日の散歩がより楽しいものになります。『ピクミン ブルーム』のプレイヤーみんなで世界を変えていくのです」と語っている。

動画には任天堂の代表取締役フェローである宮本茂も登場しており、「私は『ピクミン』の原作者で『スーパーマリオ』の生みの父」だと自己紹介している。宮本茂は「私もナイアンティックの皆さんとこのアプリの開発に(取り組むのは)とても新鮮で、楽しく進めています」と述べており、「さあ、ピクミンと一緒に思い出を作る生活を始めてみませんか?」と続けている。

『ピクミン』は2001年にニンテンドー・ゲームキューブ用のタイトルとしてリリースされ、宮本茂が制作プロデューサーを務めている。初代タイトルは「キャプテン・オリマー」が宇宙を気ままに旅する途中で未知の惑星に墜落し、そこで出会った不思議な生き物の「ピクミン」たちと協力して宇宙船「ドルフィン号」を修復するというストーリーで構成されていた。

ナイアンティック社は『ポケモンGO』のイベントと同様に『ピクミン ブルーム』でも「コミュニティ・デイ(みんなが歩く日)」を毎月設けることを予定しており、イベントではプレイヤー同士で散歩したり交流できるという。このアプリには2020年に発売されたNintendo Switch版『ピクミン3 デラックス』で楽しめる対戦の要素は導入されておらず、家庭用ゲーム機向けの『ピクミン』シリーズ作品で「ピクミン」たちが直面する脅威や捕食者も登場しない。

また、ナイアンティック社製の他の作品と比ベてゆったりと癒されるAR(拡張現実)のゲーム体験を提供すべく、最新アプリではプレイヤー同士のコミュニケーションや「ピクミン」とのほっこりとしたインタラクションが重視されている。

『ピクミン ブルーム』はAndroidとiOSに対応したスマートフォン向けアプリとして、10月26日からオーストラリアとシンガポールで先行配信されている。また、日本では11月上旬に配信開始が予定されている。

その他のニュースとして、『ペルソナ』シリーズのサウンド・コンポーザーである目黒将司がアトラスから独立して、今後はインディ・ゲームの開発に携わっていくことが明らかとなっている。また、これからもフリーランスとして『ペルソナ』シリーズへの楽曲提供は行っていくものとしている。さらに、シュミレーション・ゲームの『ザ・シムズ4』では最新アップデートとなる「シナリオ」が来週から配信されることが発表されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ