Photo: Epic Games

フォートナイト』では現地時間10月24日から11月2日まで『バイオハザード』とのクロスオーバー・イベントが開始されている。今回のイベントでは『バイオハザード』を象徴する2人のキャラクターである「クリス・レッドフィールド」と「ジル・バレンタイン」が登場している。

エピック・ゲームズは現地時間10月24日、「S.T.A.R.S.チームセット」などの『バイオハザード』のコンテンツをゲーム内のアイテムショップに多数追加したことを『フォートナイト』の公式サイトで明らかにしている。

「S.T.A.R.S.チームセット」には「ジル・バレンタイン」と「クリス・レッドフィールド」のコスチュームが含まれており、「クリス・レッドフィールド」には「ハウンドウルフ隊」、「ジル・バレンタイン」には「ラクーンシティ」という別スタイルのコスチュームもそれぞれに付属している。

また、『バイオハザード』をモチーフにしたバックアクセサリーも追加されており、バックアクセサリー「グリーンハーブ」(別スタイル「レッドハーブ」と「ブルーハーブ」が付属)やバックアクセサリー「セーブ用タイプライター」などのアイテムも入手できるようになっている。

さらに、「ホットダガー」と「スタンロッド」という2つのツルハシのほか、エモート「傘歩き」も用意されている。今回は複数のバンドルが購入できるようになっており、コスチュームとスキンはすべて個別に購入することもできる。

今回のクロスオーバーを紹介するトレイラー動画はこちらから。

「ジル・バレンタイン」と「クリス・レッドフィールド」は1996年に発売された初代『バイオハザード』で初めて登場している。この2人のキャラクターはその後も何度か登場しており、「クリス・レッドフィールド」は2021年5月にリリースされた『バイオハザード ヴィレッジ』にも登場している。

今月は『フォートナイト』で様々なクロスオーバー・イベントが行われている。現在上映中のSF映画『デューン 砂の惑星』をテーマとしたイベントは現地時間10月20日より開始されている。本映画に登場する女性戦士「チャニ」と主人公「ポート・アトレイデス」をモチーフにしたコスチュームのほか、様々なエモートやアイテムが追加されている。

また、『フォートナイト』ではスタンドアローン・コミック『バットマン/フォートナイト:ファウンデーション』の発売を記念して『バットマン』とのクロスオーバー・イベントが日本時間10月26日より開催される。同イベントではコスチューム「笑うバットマン」などの『バットマン』をモチーフとしたアイテムが配信される予定となっている。

その他のニュースとして、2023年にリリース予定の協力型クライム・シューター・ゲーム『ペイデイ3』は「生きる巨大都市」ニューヨークを舞台とすると見られており、開発元のスターブリーズ・スタジオは『ペイデイ:ザ・ハイスト』に登場していた覆面をしたギャングを復活させることをライヴ配信で明らかにしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ