Photo: Square Enix

ゲーム・デザイナーの桜井政博は格闘ゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に『キングダムハーツ』シリーズの主人公「ソラ」が登場するまでにはいくつものハードルがあったことを明らかにしている。

ゲーム情報に詳しい「プッシュダスティン(PushDustin)」によると、桜井政博は10月21日に発売された『週刊ファミ通』のコラムで「ソラ」について述べている。彼は当初、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に「ソラ」を登場させることは不可能だと思っていたという。

「『ソラ』はディズニーとスクウェア・エニックスが監修しています。そのため、『ソラ』を登場させるためには高いハードルが数多くありましたし、ガイドラインも多いです」

「ソラ」というキャラクターを取り巻く権利問題は非常に複雑であったことから、「ファイターパスVol.2」に登場する新ファイターは当初「ソラ」を除く5体だけが予定されていた。しかし、桜井政博と開発チームは粘り強く尽力し続け、とある授賞式でディズニーの担当者と話す機会を得たという。

桜井政博は「ソラ」を巡る交渉に関して次のように述べている。「その時の会話だけでは「ソラ」を『スマブラ』に登場させることはできなかったでしょう。上層部に意図が正しく伝わらず、話し合いが拗れてしまう可能性もありました。スクウェア・エニックス、任天堂、ディズニーの3社で長い時間をかけて慎重に話し合いを重ねた結果、ようやく了承を得られました。『ファイターパスVol.2』の新ファイターは6体になったのです」

6体の追加ファイターをまとめて入手できる「ファイターパスVol.2」は10月19日から配信されており、購入すれば『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』で「ソラ」がプレイできる。また、個別でも購入することができ、価格は税込662円となっている。

今回の「ソラ」の登場はファンからのアンケート結果がきっかけとなっており、前作『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U and Nintendo 3DS』に追加してほしいキャラクターをファンに募ったところ、最も要望の多かったキャラクターが「ソラ」となっていた。

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に登場する「ソラ」は体重が非常に軽いことが弱点として挙げられており、相手からのスマッシュ攻撃でステージから吹き飛ばされやすくなっている。

一方、お馴染みの武器「キーブレード」を使った空中戦を得意としており、『キングダムハーツ』の「ソラ」の戦い方を再現した3連コンボ「ソニックレイヴ」も繰り出すことができるほか、「最後の切り札」として「ソラ」が魔法の力を発揮する「鍵穴の封印」が使用できる。

その他のニュースとして、ツイッチは配信動画の巻き戻し機能の導入を検討しており、11月にテストを実施することを発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ