Photo: Games London

「ロンドン・ゲーム・フェスティバル」の現地での開催が2022年4月に正式に復活することが明らかになっている。同イベントは2016年より毎年開催されており、2020年および2021年はオンラインでの開催となっていた。

「ロンドン・ゲーム・フェスティバル 2022」は4月1日(金)から4月10日(日)まで開催され、「ナウ・プレイ・ディス(実験的ゲームデザインの祭典)」をはじめとするイベントが対面形式やオンライン配信で開催される。また、ユーザー向けのイベント「W.A.S.D.」が初開催されるほか、英国アカデミー賞ゲーム部門の授賞式などのイベントも復活するという。

「ロンドン・ゲーム・フェスティバル 2022」は「仮想空間を脱出せよ(ESCAPE THE METAVERSE)」をテーマにしており、未来のエンターテインメントの創造のために「人気ゲーム作品とバーチャル空間が現実世界でどのように融合しているか」を探る内容となっている。

「ロンドン・ゲーム・フェスティバル 2022」で開催されるイベントの概要は以下の通り。

・ 4月1日:ロンドン中心部で「ロンドン・ゲーム・フェスティバル 2022 公式セレクション」やその他のゲームコンテンツに関するアート作品や機材を展示する無料の野外イベントを開催。
・ 4月5日~4月8日:ゲームメーカーと資金提供者の出会いを提供するイベント「第7回ゲーム金融市場」を開催。
・ 4月2日~4月10日:ロンドンの「サマセット・ハウス」で行われるイベント「ナウ・プレイ・ディス」とのコラボレーションイベントを開催。4月8日~4月10日には同会場周辺で一般公開のイベントやワークショップを実施。
・ 4月7日~4月9日:新イベント「W.A.S.D」がロンドンのイベントスペースであるタバコ・ドックで開催される。イベントでは参加者がゲームをプレイしたり、開発者と話したり、好きなゲーム制作者と会ったり、ゲームへの愛を共有することができる場が提供される。
・ イベントは現地で直接参加することもできるほか、イベントの公式サイト上から録画を見ることもできる。
・ 4月7日:英国アカデミー賞ゲーム部門の授賞式も現地での開催が復活するほか、ライブ配信も行われる。

「ロンドン・ゲーム・フェスティバル」はロンドンの映画産業振興機関であるフィルム・ロンドンとイギリスのビデオゲーム業界団体であるUKインタラクティブエンタテインメント(Ukie)が共同で運営する「ゲームズロンドン」が主催している。毎年行われるこのイベントはゲーム文化の祭典として知られており、出展企業にとって重要なビジネスチャンスの場となっている。2021年にオンラインで開催された同イベントに参加したゲームスタジオの総取引額は2,000万ポンドを超えたと言われている。

文化・クリエイティブ産業担当副長官のジャスティン・シモンズは「ロンドン市長による資金援助のおかげで『ロンドン・ゲーム・フェスティバル』は7年目を迎えることができ、これからますます発展していく予定です」と述べている。「来年開催されるこの素晴らしいイベントは、次世代のクリエイティブな才能を育て、雇用と投資を生み出し、ロンドンがゲーム業界においても世界の中心であることを証明してくれるでしょう」

「ロンドン・ゲーム・フェスティバル」のチケットは年内に発売される予定となっている。

その他のニュースとして、『コール オブ デューティ』のハロウィーン・クロスオーバー・イベントが10月20日から開催されており、映画『スクリーム』シリーズでおなじみのマスクをつけた殺人鬼「ゴーストフェイス」や映画『ドニー・ダーコ』の銀色のウサギが追加されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ