Photo: Nintendo

11月19日に発売予定の『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド』と『ポケットモンスター シャイニングパール』にはオリジナルのニンテンドーDS版に多くの機能が追加されることが明らかになっている。同タイトルは2006年に発売されたニンテンドーDS用ソフト『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』のリメイク版となっている。

様々なプレビュー記事によると、リメイク版に追加される機能は大幅な変更からマイナーチェンジまで多岐にわたるという。最大の変更点は手持ちのポケモン全員に経験値が入る「経験値のシェア」と見られている。この設定は『ポケットモンスター ソード・シールド』でも採用されており、ゲーム開始時から利用できるが、無効にすることはできない。

また、ポケモンのストレージも変更されており、プレイヤーはポケモンセンターにある「パソコン」からいつでも手持ちポケモンを入れ替えることができる。2006年に発売されたオリジナル版にはなかったオートセーヴ機能も追加される予定となっているが、この機能はオフにすることが可能となっている。

ゲームを進めるうえで必要な技をポケモンに覚えさせるアイテムの「ひでんマシン」も復活しているが、リメイク版では野生ポケモンが現れて技を覚えてくれるため、特定のポケモンを捕まえる必要はなくなっている。また、「わざマシン」も再び登場する。これは1つにつき1回だけ使用できるアイテムとなっているが、プレイヤーはゲーム中に複数の「わざマシン」を手に入れることができる。

他にも、バトル中にあるポケモンに対して効果的な(効果バツグンの)ワザのタイプが判明した場合、次回以降のバトルでそのポケモンに効果的なワザのタイプが自動的に表示される機能も追加される。

オリジナル版に登場する「ちかつうろ」がパワーアップした「地下大洞窟」はオンラインプレイに対応しているほか、さまざまな環境に息づくポケモンと出会える。また、カセキほりで発掘できる「ポケモンの石像」を「ひみつきち」に飾ることで、出会えるポケモンに変化も起きる。

『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド』と『ポケットモンスター シャイニングパール』は11月19日にNintendo Switchでの発売が予定されている。

その他のニュースとして、3Dアクションゲーム『ソーラー・アッシュ』の発売日が12月2日まで延期になったことが発表されている。開発元のアンナプルナ・インタラクティブは延期の理由として、更なるブラッシュアップとバグの修正を挙げている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ