Photo: Epic Games

フォートナイト』は昨年に続き今年のハロウィンイベントでも海外ドラマ『ウォーキング・デッド』シリーズとクロスオーバーすることが公式サイトで発表されている。今回は同シリーズの主人公「リック・グライムズ」が登場するという。

エピック・ゲームズが手がける『フォートナイト』はクロスオーバーが多いことで知られており、今年のハロウィンイベント「フォートナイトメアーズ2021」では『ウォーキング・デッド』シリーズとのクロスオーバーが復活する。昨年は同シリーズから「ダリル・ディクソン」と「ミショーン」のスキンが登場していたが、今年は新たに主人公「リック・グライムズ」のスキンも登場することになる。

「リック・グライムズ」のスキンは10月10日午前9時から登場している。ゲーム内ショップで1500V-Bucksで購入することができ、ジャケットを着ている別バージョンのスキンも付いてくる。また、「ウォーカークラブ」のツルハシ(収集ツール)や「クラッシングサテライト」のグライダー、バックアクセサリーがセットになったバンドルも用意されている。このバンドルはゲーム内ショップにて1900V-Bucksで販売されており、通常のバンドル価格2800V-Bucksよりも手頃な価格に設定されている。

「ダリル・ディクソン」と「ミショーン」のスキンは昨年のハロウィンイベント限定で販売されていたが、今年のイベントでも再び登場している。両スキンはそれぞれ1800V-Bucksで販売されており、専用のツルハシ(収集ツール)や別バージョンのスキンが付いてくる。また、両スキンがセットになったバンドルも2500V-Bucksで販売されるという。

『フォートナイト』では他にもハロウィンにちなんだ複数のアクティビティが用意されており、詳細は公式サイトで確認することができる。

先月、『フォートナイト』では世界中のアーティストとコラボレーションする音楽イベント「サウンドウェーヴ・シリーズ」が期間限定で開催されることが発表されていた。10月2日午前3時よりスタートとなったイベントの第1弾では、これまで『フォートナイト』のゲーム内の「市民ラジオ」でコラボレーションしたこともあるエジプトのミュージシャンのモハメド・ハマキがゲーム内で「ミュージック・ショー」を開催していた。また、オーストラリアのシンガー・ソングライターのトーンズ・アンド・アイ、ブラジルのラッパーのエミシーダ、日本のポップ・アーティスト兼音楽プロデューサーの星野源、マリ系フランス人歌手のアヤ・ナカムラもそれぞれショーを開催していく予定となっている。

「サウンドウェーヴ・シリーズ」のイベントにはゲーム内のプレイリストからアーティスト名を入力して参加することができ、それぞれのショーはプレイリスト内で48時間ノンストップで繰り返し提供され、イベントの開催期間中であればいつでも参加することができる。

その他のニュースとして、MOBAゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』の世界選手権で賭博を目的に所属チームの戦略をリークしたとして、プロ・プレイヤーに残りの試合への出場停止処分が下されたことが明らかとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ