Photo: Turtle Rock Studio

マイクロソフトは10月前半に「Xboxゲーム・パス」に追加されるタイトルを海外向けに発表している。今月は『デスティニー2』の有料拡張パックや『バック・フォー・ブラッド』などが順次追加される。

9月にはアクション・アドベンチャー・ゲーム『セーブル』やスポーツゲーム『スケートバード』が登場していた。

今月は戦争シミュレーション・ゲーム『トータリー・アキュレイト・バトル・シミュレーター』が10月5日からXboxゲーム・パスに追加されている。カートゥーン調のヴィジュアルが採用されたサンドボックス型のゲームとなっており、ファンタジーの世界からやってきた「グダグダ兵士たち」を指揮して戦わせたり、自分だけの「グダグダ兵士」をカスタマイズしてユニットを作ることができる。また、ゲームの仕様は戦略シミュレーション・ゲーム『トータル・ウォー』シリーズと似ているが、よりコミカルな雰囲気となっている。

今月の追加ラインナップの中で一番の話題作としては10月12日から配信される『バック・フォー・ブラッド』が挙げられている。本作は4人協力型のゾンビ・サバイバル・ゲームで、プレイヤーはゾンビの大群や人間の死体を宿主として繁殖する危険なパラサイト「リドゥン」と戦いながら生き残りを目指す。『バック・フォー・ブラッド』はタートル・ロック・スタジオが手掛けており、同スタジオはゾンビによる世界の終末を描いた『レフト・フォー・デッド』シリーズを開発したことで知られている。

また、『デスティニー2』の拡張エピソード「光の超越(ビヨンド・ライト)」も10月12日に追加予定となっている。「光の超越」では、プレイヤーは凍てつく衛星「エウロパ」に向かい、「ディープ・ストーン・クリプト」レイドに参加することになる。『ディスティニー2』は2022年2月23日に次期拡張コンテンツ「漆黒の女王」の配信を控えており、ファンは新たな拡張版の配信前に「光の超越」を楽しむことができる。

インディ・ゲームもいくつか配信が予定されており、10月7日にアクション・アドベンチャー・ゲーム『プロセッション・トゥー・カルヴァリー』と心理ホラーゲーム『ヴィセージ』が追加される。また、10月14日にローグライク・ゲーム『リング・オブ・ペイン』とリアル・ストラテジー・ゲーム『リフトブレイカー』が、10月15日には借金返済RPG『グッド・ライフ』がXboxゲーム・パスに登場する予定となっている。マイクロソフトは10月に追加予定のタイトルについて『Xboxワイヤー』のブログ記事で詳細を紹介している。

その他のニュースとして、『ニューワールド』ではゲーム内で黙々と釣りをするボット集団が確認されて話題となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ