Photo: Credit: Innersloth

宇宙人狼ゲーム『アモング・アス』の開発元であるインナースロース社は公式サイトで最新のブログ記事を公開し、サーバーがDDoS攻撃を受けていることや今後のアップデートで新たな役職が追加されることなどの情報を公開している。

インディ・ゲームでありながらも『アモング・アス』は同時接続者数が200万人を記録するほどの人気となっており、開発チームは現地時間の10月4日に32回目のブログ記事「緊急会議」を公開して、現在のサーバーの状況などを明らかにしている。同タイトルのサーバーは現地時間の9月20日よりシステムに負荷をかけるDDoS攻撃を受けており、その影響で多くのプレイヤーがゲームの起動時に支障が出ているという。

開発チームはブログ記事で、このDDoS攻撃でプレイヤーのプライバシーに関する情報が流出することはないと説明しており、今後のさらなるDDoS攻撃を想定した対策を実施していくとしている。現在はサーバーの耐久性について徹底したテストを実施しており、問題の解決には時間が必要だと報告している。

また、ブログ記事ではゲームに新しい役割が導入されることも発表されている。現時点での『アモング・アス』のプレイヤーはゲーム内で「クルー」、「インポスター」、「ゴースト」の3つの役職でプレイすることができる。開発チームはブログ記事の中で2018年のゲームのリリースから長らくゲームへの導入を構想していた新たな役職を追加すると発表している。

新しい役職については少なくとも2つ以上の役職が追加されるとみられているが、現在MODを使用してプレイできる役職とは異なること以外はほとんど明らかにされていない。新たな役職は追加のアップデートで全プレイヤーに無料で配信される予定となっている。

さらに、9月に予定されていたアップデートの配信が遅れている理由についても明らかにされている。『アモング・アス』は年内にプレイステーションXbox向けにリリースされることが発表されているが、家庭用ゲーム機版と現行のプラットフォーム版で同じクオリティで同時にリリースできるようにアップデートの配信日を調整したという。このアップデートは全プラットフォーム向けに配信予定となっており、配信日については発表されていない。

その他のニュースとして、ユービーアイソフトは同社を代表するゲーム・シリーズ『ゴーストリコン』の20周年を記念した配信番組を10月6日に配信し、シリーズの最新作『ゴーストリコン フロントライン』などについて発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ