Photo: Square Enix

『ファイナル・ファンタジーXVI』のプロデューサー兼ディレクターである吉田直樹は開発チームがゲームの完成に向けて最後の仕上げをしていることを明かしている。

『ファイナル・ファンタジーXVI』は納期に間に合わなかったため「東京ゲームショウ 2021」に出展されていなかった。吉田直樹は「東京ゲームショウ 2021」の主催番組として配信されたオンライン対談に出演すると、『ファイナル・ファンタジーXVI』のメインデザインは完成しており、現在開発チームは最終調整として「サイド」と呼ばれるクエストを作成していると述べている。

また、キャラクターモデルもほぼ完成しており、あとはクオリティの改善を残すのみであることを明らかにしている。

プレイステーション5向けの『ファイナル・ファンタジーXVI』は昨年9月に開催されたスクウェア・エニックスのショーケースで正式に発表されている。9月の時点では発売日は発表されていなかったが、今回の最新情報により正式リリースが近づいていると見られている。

2020年10月には『ファイナル・ファンタジーXVI』の開発スタッフ募集ページで、「既に基礎開発やシナリオの制作は完了しており、各種開発ツールの拡張をしつつ、大規模なリソース制作、ボスバトルの構築を続けている状況にあります」と発表されていた。

吉田直樹は先日、『ファイナル・ファンタジーXVI』とMMORPG『ファイナル・ファンタジーXIV』の両作品の制作に現在も密接に携わっていることを明かしている。最近SNSなどでは、『ファイナル・ファンタジーXVI』の制作が忙しくて『ファイナル・ファンタジーXIV』の開発には携わっていないのだろうという憶測が流れていた。

これに対しては「そんなことはないんです。死に物狂いでやってますので、これからもよろしくおねがいします」と述べている。

さらに、今後の展開についても言及している。「いつも最高の作品にするつもりで作ってはいるのですが、『漆黒のヴィランズ』はとくにいいゲームとして皆さんにお届けできてよかった……ちょっとだけ、そんな気持ちがあります」

その他のニュースとして、フロム・ソフトウェアは『エルデン・リング』の開発が最終段階にあり、来年1月の発売を予定していると発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ