Photo: Iron Gate

アイロン・ゲート・スタジオはオープン・ワールド・サバイバル・ゲーム『ヴァルハイム』の大型アップデート「ハース&ホーム」について、プレイヤーから不評だった内容を修正する最新パッチを10月4日に配信している。

待望の大型アップデート「ハース&ホーム」は9月16日に配信されたものの、多くのファンからは変更点が多いわりに期待してた追加要素が少ないという声が寄せられていた。これを受けてアイロン・ゲート・スタジオは問題点を修正する最新パッチを配信して、アップデートで追加された新システムも改善している。

10月4日に配信された最新パッチでは、ゲーム内でプレイヤーが「オーブン」と「クッキング・ステーション」を破壊しても食料品を入手できるように修正されている。また、「どんぐり」と「白樺の種子」のドロップ率が増加したことで、プレイヤーが木をフィールドに植林しやすくなっている。さらに、プレイヤーの人数に応じてゲームの難易度が調整されるようになる。

今回のパッチでは複数の「食べ物」に調整が加えられている。「血のプディング」、「イノシシの干し肉」、「パン」、「鹿のシチュー」、「ミンスミートソース」、「オオカミの干し肉」のステータスに調整が加えられており、「食べ物」の使用時に強化できるHP(ヘルス/体力)とスタミナの値はそれぞれの「食べ物」を作成するのに必要な材料を集める難易度に比例したものとなっている。

プレイヤーのキャンプや家に飾る不気味な装飾として「ジャック・オー・ランニップ」も新たに導入されている。

AIの敵にも調整が加わっている。『ヴァルハイム』の終盤に登場するゴブリンのような姿をしたモンスター「フューリング」が集団で現れる時には従来のようにプレイヤーに一斉攻撃を仕掛けて来るのではなく、数体がプレイヤーの周囲を動き回るようになる。また、夜にスポーンするモンスターは日が昇ると以前よりも早く消滅するようになる。さらに、遠距離攻撃に対して「パリィ(ジャストガード)」を行うと、攻撃を仕掛けた相手がよろめくようになる。

9月16日に配信された『ヴァルハイム』の大型アップデート「ハース&ホーム」では「食べ物」でHPとスタミナを強化するシステムに大きな変更が加わっており、今回配信されたパッチはその変更を調整するものとなっている。また、今回のパッチで敵キャラクターの「フューリング」はヘルスが減少してよろめきやすくなり、倒しやすくなっている。

その他のニュースとして、『メタルギアソリッドV ファントムペイン』で狙撃手「クワイエット」のモデルや声を担当した女優のステファニー・ヨーステンは新作メカ戦闘アクション・ゲーム『ヴェンジェンス・イズ・マイン』の制作に携わることが発表されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ