Photo: Microsoft

マイクロソフトはXboxシリーズX/SについてHDR映像技術「ドルビーヴィジョン」の正式対応を発表している。

『Xboxワイヤー』のブログ記事によると、XboxシリーズX/S向けに最適化された次世代機向けのHDRに対応した100本を超えるゲームタイトルで、ドルビーヴィジョンが利用可能となっている。今後もドルビーヴィジョンに対応するゲームタイトルは増えていく見通しとなっている。ブログ記事ではドルビーヴィジョンがゲームに「より鮮やかな色で命を吹き込む」ことができ、「コントラストをあげて、明るいシーンも暗いシーンも鮮明に映し出すことで、影に隠れた敵の姿や隠された手がかりを見つけることが可能になり、ゲーム体験への没入感を高めることができる」と説明している。

XboxのYouTube公式チャンネルが公開している以下の動画ではドルビーヴィジョンがゲームに与える効果が紹介されている。

ブログ記事によれば、12月8日に発売される『ヘイロー・インフィニット』がドルビーヴィジョンに対応することが明らかとなっている。

さらに、今後Xboxはドルビーヴィジョン機能に対応するために必要なツールをゲーム開発者に提供していく方針であるという。Xboxのプラットフォーム本体にオプションを設けたり、ゲーム・エンジンに直接ドルビーヴィジョンを搭載するような形で、ゲームの開発を支援するとしている。

また、マイクロソフトはドルビー社の協力により、テレビ側でドルビーヴィジョンを有効にすれば、これまでに発売されたHDRやオートHDR対応のゲームタイトルでも高画質の映像が楽しめるようになると説明している。

ドルビーヴィジョンはDirectX レイトレーシング、ALLM(自動低遅延モード)、VRR(可変リフレッシュレート)などの機能、そして最大120FPSのTVにも対応している。マイクロソフト社とドルビー社は周辺機器をリフレッシュレート(1秒間で画面を更新できる回数)が120hzのディスプレイに対応させるために、メーカーと協力してファームウェアをアップデートしている。

ドルビーヴィジョンを使用するには、まずテレビ側でALLMやVRR機能などの設定を有効にしてから、Xbox側でも設定する必要がある。Xbox側の設定方法は次の手順で行うことができる:「設定」→「全般」→「テレビとディスプレイのオプション」→「ビデオモード」→「Dolby Visionを許可」。

XboxシリーズX/Sでドルビーヴィジョンを動作させる方法については『Xboxワイヤー』のブログ記事でも紹介されている。

その他のニュースとして、9月末にマーベルの『アベンジャーズ』がXboxゲーム・パスに登場し、リリースと同時に拡張ダウンロード・コンテンツが公開される予定となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ