Photo: Sony

9月24日の「プレイステーション公式ブログ」によれば、開発者スペシャル・インタヴューの中でソニー・インタラクティブ・エンタテインメントの西野秀明が「プレイステーション5がやるべきことがまだまだ膨大にある」と発言していることが明らかとなっている。西野秀明は同社でプラットフォーム・エクスペリエンス担当のシニア・ヴァイス・プレジデントを務めている。

西野秀明は同ブログでPS5の発売前に実装する予定だった機能をまとめた「膨大なリスト」があることを明かしている。『ユーロゲーマー』によると、発売当時にはそのリストのすべてを実現できていないとしており、「実際のところ全部やりたいと夢見ていました」と心境を語っている。さらに、「リストにはわくわくする、素晴らしいアイデアがまだまだ残っています」とも語っており、今後さらなる機能を追加することを目指している。

西野秀明は開発者インタヴューの中で「やるべきことのリストを振り返ると、たくさんありますし、コミュニティからの要望もたくさんあります。日本流に言いますと、私はこのリストに熱心に取り組んでおりますので、これからどんどん発表していくことになるでしょう」と語っている。

さらに彼はコミュニティからのフィードバックがアップデートの内容を決める重要な要素であるとも述べている。開発チームは「お客様のニーズのために働き」、フィードバックから「膨大なヒントを得ている」と語っている。

今月リリースされた最新のPS5アップデートではゲーム機本体にSSDストレージを追加できるほか、3Dオーディオなど多数の新機能が追加されている。特に気に入っている「トロフィートラッカー」の機能については次のように語っている。「たくさんのトロフィーを集めて、見せたいというのは素直な欲求だと思います。自分が次に取りたいトロフィーを手軽にピンで留めることができるようになって便利になりました」

その他のニュースとしてミステリー・アドベンチャー・ゲーム『ディスコ・エリジウム:ザ・ファイナル・カット』の英語版について新たにXbox向けのパッケージ版とNintendo Switch版が2022年春に発売されることが発表されている。

なお、英語版のXbox向けダウンロード版については来月に発売される予定となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ