Photo: Square Enix

『ファイナル・ファンタジーXIV』の「踊り子」のジョブでモーション・キャプチャー機器を使って実際にダンスしながらプレイしている動画が公開されている。

ゲームの独創的なプレイ方法を考案することで知られるコンテンツ・クリエイターのスーパー・ルイ64ことルイ・ハミルトンは『ファイナル・ファンタジーXIV』で「踊り子」のジョブをXbox向けのキネクトを使ってプレイしている映像クリップをツイッターで公開している。

ルイ・ハミルトンはモーション・キャプチャー機能を搭載したキネクトを使用することで、「踊り子」になりきってゲームをプレイしている。彼が実際に体を使ってダンスをすると、ゲーム内で「踊り子」のアビリティが使用できるようになっている。映像クリップでは「スタンダード・ステップ」のアビリティを使用する際に、このアビリティのダンスの動きを忠実に再現しなければゲーム内でアビリティが最後まで発動されない様子も紹介されている。

彼はその後、今回のモーション・キャプチャーを使用したゲーム・プレイの詳細を紹介した動画を自身のYouTubeチャンネルで公開している。

ルイ・ハミルトンは以前にも『ファイナル・ファンタジーXIV』を独創的な方法でプレイする動画を公開していた。9月4日、彼は『遊戯王』のデュエルディスクをコントローラーに改造して『ファイナル・ファンタジーXIV』をプレイする動画をYouTubeで公開していた。

先月、自身のツイッター・アカウントでは『遊戯王』のデュエルディスクにマウスとキーボードを組み合わせて『ファイナル・ファンタジーXIV』のダンジョンに臨む様子をシェアしており、「実現するまでに数週間掛かったけれど、それだけの時間をかけた甲斐があったよ」と述べていた。

その他のニュースとして、ノーティードッグ社は『ラスト・オブ・アス パート2』のマルチプレイヤー・モードを現在も開発中であることを明らかにしており、準備が整い次第さらなる情報を公開するとしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ