Photo: Marvel / Disney

クリスタル・ダイナミックス社はアクション・アドベンチャーゲーム『アベンジャーズ』について「スパイダーマン」は独自のカットシーンとイベント・ストーリーとともに登場する予定であることを明らかにしている。「スパイダーマン」はプレイステーション版限定で配信される予定となっている。

『ザ・ゲーマー』によると、同社のシニア・プロデューサーであるダン・マトラックがディスコードでファンからの質問に答えており、「スパイダーマン」はゲーム内の「イベント」として配信が予定されているため、オリジナルのストーリーとそのカットシーンは「確実に」用意されると述べている。

「スパイダーマン」は当初、2021年初頭にプレイステーション版限定で『アベンジャーズ』への登場が予定されていた。当初の予定から配信が大幅に延期されており、本作のシニア・ゲーム・デザイナーであるスコット・ウォルターズが「スパイダーマン」は今も開発中であると説明している。

スコット・ウォルターズは8月にオンライン・ニュースサイト『スクリーン・ラント』のインタヴューで「現在お話しできることは私たちはプレイステーション版限定で2021年に『スパイダーマン』お届けするようにスケジュールを組んでいます。『スパイダーマン』は今も開発中ですので、今年の後半により詳しい情報をお伝えできると思います」と述べていたものの、新たな情報は発表されていなかった。

『アベンジャーズ』は発売から1年以上が経っており、今月初めには発売1周年を記念して無料の「記念バンドル」が配信されている。この記念バンドルには「アイアンマン」のコスチュームと「ブラックパンサー」のネームプレートの他にいくつかのアイテムが含まれている。

また、9月1日に配信されたV2.0.2アップデートでは海賊版対策ソフト「デヌーヴォ」が削除されている。同ソフトを削除する動きはここ数ヶ月の間で他の多くのゲームタイトルでも実施されている。「デヌーヴォ」はゲーム作品の複製や複製ソフトの使用を防止するために取り入れられてきた一方で、ゲームのパフォーマンスやフレームレートの低下を引き起こすことが度々非難の的となっていた。

その他のニュースとして、ロックステディ社が『スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ』について『アベンジャーズ』のように継続的にキャラクターが追加されていくのではないかという噂を否定しているため、本作に登場するプレイアブル・キャラクターはこれまでに紹介された4人のみになると見られている。

本作は「ゲームのオリジナル・ストーリーで『スーサイド・スクアッド』のメンバーが地球を救うために世界最強のDCヒーロー『スーパーマン』を倒すという不可能と思えるような任務に挑む」ことになると紹介されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ