Photo: Nintendo

任天堂は人気シリーズの新作『星のカービィ ディスカバリー』の発売を発表している。新作では荒廃した世界が舞台となっている。

本作は9月24日に新作情報などを発表するウェブ配信番組「ニンテンドーダイレクト21.9.24」で初公開されている。トレイラー動画では植物に覆われた廃墟、ひび割れた道路、錆びた車など、これまでの「夢の国」とはかけ離れたゲームの世界観が描かれており、まるで『ラスト・オブ・アス』、『ニーア オートマタ』、『デス・ストランディング』などのシーンを彷彿とさせる映像になっている。

トレイラー動画はこちらから。

Nintendo Switch向けには、2018年に『星のカービィ スターアライズ』が、2020年には『カービィ ファイターズ2』が登場しており、既に2つの『カービィ』シリーズがリリースされている。新作『星のカービィ ディスカバリー』では敵を吸い込んで能力をコピーするといった「カービィ」のおなじみの特徴はそのままに、すべてが3Dで表現されている。

プレイヤーは3D環境でカービィを操作することになるが、トレイラー動画を見る限り、固定カメラがカービィを追いかけながら、比較的直線的なコースを進むことになるものと推測される。

トレイラー動画に映っている荒廃した世界の退廃美や遺されている人工物は人類の存在を身近に感じさせる要素となっており、『スーパーマリオ オデッセイ』に収録されているステージ「ニュードンク・シティ」で「マリオ」が人間に出会うシーンを彷彿とさせる。一方で、シリーズでおなじみの敵キャラクターたちも登場し、新作トレイラー動画ではカービィがワドルディの仲間たちを助けに行く様子も観ることができる。

『星のカービィ ディスカバリー』は2022年春にNintendo Switchで発売が予定されている。

今回の「ニンテンドーダイレクト」関連のニュースとして、スーパーマリオの生みの親である宮本茂が近日公開が予定されている「スーパーマリオブラザーズ」のアニメーション映画の声優陣を発表している。なお、マリオの声を担当するのは俳優のクリス・プラットになると発表されたが、この発表は『マリオ』ファンの間で波紋を呼んでいる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ