Photo: Ubisoft

ユービーアイソフトはアクションRPG『アサシン クリード ヴァルハラ』のアップデートとして教育コンテンツ『ディスカバリー・ツアー:ヴァイキングの時代』を10月19日に配信することを発表している。『アサシン クリード ヴァルハラ』本編と同じプラットフォーム上で無料でプレイすることができ、PC向け単体版の発売も予定されている。

「ディスカバリー・ツアー」モードは過去に『アサシン クリード オリジンズ』と『アサシン クリード オデッセイ』でも配信されており、プレイヤーが『アサシン クリード』シリーズのゲームに登場する歴史的背景をより教育的な観点から考察できるように設計されている。

『ディスカバリーツアー:ヴァイキングの時代』は10月19日に拡張コンテンツとしてプレイステーション4、プレイステーション5、Xbox One、XboxシリーズX/S、PCの全プラットフォームで無料配信されるほか、PC向けの単体版がエピック・ゲームズ・ストアとユービーアイソフトが運営する自社プラットフォーム「ユービーアイ・ソフト コネクト」で同じく10月19日に税込2,640円で発売される。また、ユービーアイソフトはPC以外の全プラットフォームでも単体版をリリースすることを明らかにしており、発売は2022年の前半が予定されている。

「ディスカバリー・ツアー:ヴァイキングの時代」は過去作品の「ディスカバリー・ツアー」モードで登場した「古代エジプト」や「古代ギリシア」とはまったく異なる時代を舞台にしている。ユービーアイソフトの公式ページによれば、今回のモードでプレイヤーは「9世紀のイングランドとノルウェーを舞台にした空間を自由に探索し、当時の風土や人々、文化について学ぶ」ことができ、「当時のヴァイキングやアングロ・サクソンの文化と伝統にまつわる各スポットでその知識を培うことができる」という。

同コンテンツは「戦闘場面のない、プレイヤー主体の学習体験」と説明されており、これまでの「ディスカバリー・ツアー」モードよりストーリー性を重視して制作されている。『アサシン クリード ヴァルハラ』の英語版プレスリリースでは「プレイヤーはかつてのヴァイキングやアングロ・サクソンの人々の目線で物語や冒険を追体験しながら、彼らを取り巻く当時の世界観を体験することができます」と紹介されている。

『ディスカバリー・ツアー:ヴァイキングの時代』の制作にあたってユービーアイソフトはイギリス、デンマーク、フランスの歴史学者や専門家の団体と提携しており、ロンドンの「大英図書館」を初め、「ヨーク考古学トラスト」、「ハンプシャー文化トラスト」、「フランス国立美術館連合」、「デンマーク国立博物館」、「プレストン・パーク・ミュージアム&グラウンズ」の協力のもと、「ディスカバリー・ツアー:ヴァイキングの時代」で再現されている各地域の様子ができる限り史実を反映したものになるよう配慮されている。

その他のニュースとして、ユービーアイソフトは電子ギターを繋いで遊ぶ音楽ゲームの『ロックスミス+』の発売を来年に延期することを発表している。同社の公式ツイッター・アカウントによると、当初は年内の発売を予定していたものの、今年の夏にベータ版を体験したユーザーからの意見を開発部門が反映できるようにしたと述べている。また、『ロックスミス+』を「快適な体験」としてファンに提供できるよう、発売を延期したことを明らかにしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ