Photo: Sony Interactive Entertainment

ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントはプレイステーション5向けの大型システム・ソフトウェア・アップデート第2弾を本日9月15日に配信することを発表している。このアップデートでゲーム機本体の内臓ストレージを拡張することができるようになる。

プラットフォーム・エクスペリエンス担当のシニア・ヴァイス・プレジデントである西野秀明はプレイステーション公式ブログで今回の第2弾となるアップデートの詳細を発表しており、新機能をテストするためのプログラムに参加したユーザーたちへ感謝の言葉を述べている。

「今回のアップデートでは、テレビ内蔵スピーカーでの3Dオーディオ対応をはじめ、プレイステーション5のユーザー体験に様々な改善を追加しています」と西野秀明はブログで紹介している。「また、M.2 SSDによるストレージの拡張に対応し、プレイステーション5およびプレイステーション4のゲームやメディアアプリをM.2 SSDにインストールすることや、M.2 SSDから直接起動することが可能になりました」

多くのプレイステーション5のユーザーにとってストレージの拡張は朗報になると見られている。外付けSSDはプレイステーション5の発売当初から使用可能となっていたが、これまでのゲーム機本体のシステム・ソフトウェアではSSDにインストールされている専用タイトルを直接プレイすることができなかった。

プレイステーション5に搭載されている825GBの内臓ストレージのうち、約160GBがシステム用のファイルに使用されているため、ゲームのインストール(保存)に使用できる容量は667.2GBと少なくなってしまっていた。プレイステーション5のユーザーはプレイステーション5やプレイステーション4用のゲームを外付けHDDに保存できるものの、これまではプレイステーション4用のタイトルのみHDDに保存したままゲームをプレイすることができたが、外付けHDDに保存したプレイステーション5用のタイトルをプレイするには、ゲームをHDDからゲーム機本体に移動させる必要があり、内臓ストレージのやりくりに苦労する事態となっていた。

今回のアップデートが配信されると、250GBから4TBまでの容量の外付けドライブ「M.2 SSD」がプレイステーション5に対応するようになり、内臓ストレージの容量が大幅に拡大することを意味している。従来の外付けドライブとは異なり、M.2 SSDを使用するとプレイステーション5用のタイトルをM.2 SSDに保存したまま直接プレイすることができるようになる。

M.2 SSDの取り付けは手順に従う必要があるものの、取り付けは難しい作業ではないと見られている。ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントはM.2 SSDの取り付け方法を説明した専用のページを公開しており、M.2 SSDの要件についても紹介している。なお、プレイステーション5でM.2 SSDを使用する場合はヒートシンクを自分でM.2 SSDに取り付けるか、あらかじめ放熱構造(ヒートシンクなど)が組み込まれたM.2 SSDを使用する必要があるという。

M.2 SSDドライブは別途購入する必要があり、コルセア製の最上位モデルの場合4TBドライブが現在約74,500円(680ドル)で販売されている。

今回のプレイステーション5のアップデートでは、テレビの内蔵スピーカーでの3Dオーディオ対応も追加されている。プレイステーション5のユーザーは「設定」の「サウンド・メニュー」でこの機能を有効にしたあと、デュアルセンス・ワイヤレス・コントローラーのマイクを使って部屋の音響特性を測定することで、それぞれの空間に適した3Dオーディオを設定することができる。その他のサウンド関連のアップデートとしては、パルス・ワイヤレス3Dヘッドセット用にイコライザー機能が追加されており、「コントロールセンター」の「サウンド」からオーディオEQ(イコライザー)機能を設定できるようになっている。

また、ゲーム機の操作性も向上している。プレイステーション5の画面の下に表示されるアイコンの「コントロールセンター」をより自由にカスタマイズできるようになっており、「ゲームベース」のアプリのメッセージ機能も改善されている。さらに、ゲーム機にインストールされているタイトルのうち、プレイステーション5向けバージョンとプレイステーション4用バージョンの両方がインストールされている場合、「ライブラリー」ではそれぞれ別々に表示されるようになっている。なお、プレイステーション4ではコントローラーを使用して本体の電源を切る機能が導入されているが、プレイステーション5にこの機能はまだ導入されていない。

その他のニュースとして、『メタルギアソリッド』や『デス・ストランディング』の生みの親である小島秀夫は、今後どのようにゲームを進化させていきたいかという質問に対して次のように答えている。「僕がやりたいのは、リアルタイムで変わっていくゲームです……住んでいる場所や、その人の感覚で変化していくものですね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ