Photo: Kojima Productions

ゲーム作品を実写版で撮影・制作した動画『デス・ストランディング:コスプレ・シネマティック』が公開されており、現実の世界の中で『デス・ストランディング』の世界観が非常によく再現されているという。

日本の動画制作スタジオであるレスキュー・ザ・プリンセスは、コジマプロダクションが2019年にリリースした『デス・ストランディング』の主人公「サム・ポーター・ブリッジズ」のリアルな動作とゲームの世界観を再現した動画を9月12日に同スタジオの公式YouTubeチャンネルで公開している。

動画「デス・ストランディング:コスプレ・シネマティック」は2016年に発表された『デス・ストランディング』の最初のトレイラー動画をモチーフにしていると見られており、動画の冒頭は黒い砂浜と「サム・ポーター・ブリッジズ」を演じている俳優のノーマン・リーダスが登場するシーンから始まっている。

動画ではおなじみの「BBポッド」をはじめ、スーツやサングラス、キャップといった「サム・ポーター・ブリッジズ」を象徴する旅の衣装や、ゲームを通して運ぶ荷物をノーマン・リーダスが背負っている様子も確認できる。

「デス・ストランディング:コスプレ・シネマティック」の動画はこちらから。

「デス・ストランディング:コスプレ・シネマティック」は日本の沖合に位置する伊豆大島で撮影されており、ゲームの世界観を完全に再現したような場所となっている。

本動画はレスキュー・ザ・プリンセスが公開している多くの動画の1つとなっている。過去には『原神』や『ファイナル・ファンタジーⅦ リメイク』などの人気ゲームやアニメをモチーフにした実写動画を制作している。

『デス・ストランディング』関連のニュースとして、コジマプロダクションは先日、『デス・ストランディング ディレクターズカット』をプレイステーション5専用で9月24日にリリースすることを発表している。本作は『デス・ストランディング』をベースとして、新たなストーリー・ミッションや改良されたバトルのほか、新しい武器など様々な追加コンテンツが用意されている。

その他のニュースとして、アクション・ゲームである『ベヨネッタ』の声優のヘレナ・テイラーが同じ役を再度演じる可能性は低いことを示唆しているとみられるツイートが話題になっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ