Photo: The Pokémon Company

イギリスの3Dアーティストのデイヴ・アッシュビーが制作した、現実の世界に様々なポケモンが登場しているTikTokのアニメーション・シリーズが話題になっている。

デイヴ・アッシュビーのTikTok動画シリーズではポケモンが私たちの身近な日常生活の様々なシーンに溶け込んでいるような世界が描かれており、動画の再生回数は数百万回を記録している。彼のTikTokアカウントにはアーケード・ゲームをプレイする「ゴーリキー」の映像など数々の可愛らしい動画が投稿されており、世界中のポケモン・ファンが心を奪われているという。

@daveliquidlizard

playing some retro arcade games with Machoke 🦔🕹️ #pokemon #pokemongo #3d #animation #machoke #ar #vfx #retro #gaming #arcade #3danimation

♬ Permission to Dance – BTS

@daveliquidlizard

Meanwhile, in the lab, Dr Pikachu makes a discovery! 🔬 #pokemon #pokemongo #PokemonPets #cute #3d #ar #animation #ditto #pikachu #funny

♬ Mew’s Theme – Pokemon

デイヴ・アッシュビーのTikTokアカウントには様々なポケモンが現実の世界に登場する動画が数十本投稿されており、お気に入りのポケモンが映っている動画が見つかる可能性も高いだろう。

@daveliquidlizard

Teenage Mutant Ninja Squirtles! Happy Halloween! 🎃 🐢 🐀 #pokemon #pokemongo #PokemonPets #cute #3d #ar #tmnt #turtles #halloween #costumes #memes

♬ Teenage Mutant Ninja Turtles Cartoon Closing Credits (1987) – Teenage Mutant Ninja Turtles

デイヴ・アッシュビーは今年に入ってから自身のYouTubeチャンネルにも同様のポケモンの動画をアップロードしている。以下の動画では「ゴースト」が「ゲンガー」たちに見守られながらアーケード・ゲームをプレイしており、動画の中盤では「ゴーリキー」にタトゥーを入れている様子を確認することができる。

デイヴ・アッシュビーは数年前からポケモンの動画制作に取り組んでいるものと見られている。彼のツイッター・アカウントのプロフィールには「フリーランスのデジタル・デザイナー兼3Dアーティスト」と記載されており、その肩書きは彼が描き出す面白くてほのぼのとしたARのポケモンのクオリティを裏付けるものとなっている。さらに驚くべきことに、彼はこうした映像の多くをツイッチでライヴ配信しながら制作しているという。

その他のニュースとして、MOBAゲームの『リーグ・オブ・レジェンド』の近日配信されるスキンは課金・購入して使用すると、プレイヤーが圧倒的に不利になるとして、プロ・アマチュアを問わず多数のプレイヤーから批判の声が集まっている。問題となっている新スキンの「混沌の闇トリンダメア」を使用してプレイすると、無敵状態の終了時間が敵プレイヤーにわかってしまうタイマーが表示されるようになり、これはその他の「トリンダメア」のスキンにない特徴となっている。無敵状態の終了時間がわかることで敵のプレイヤーはゲームを有利に展開することができると見られており、スキンを使用するプレイヤーにとってはゲーム展開が不利になるという。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ