Photo: YouTube/The Tonight Show

アメリカ・オハイオ州出身のロック・デュオ、トゥエンティ・ワン・パイロッツは現地時間9月21日から開催される「テイクオーバー・ツアー」に先立ち、オンライン・ゲーミング・プラットフォームの『ロブロックス』でヴァーチャル・コンサートを開催することを発表している。

「トゥエンティ・ワン・パイロッツ:コンサート・エクスペリエンス」と名付けられた今回のヴァーチャル・コンサートは『ロブロックス』の最新技術を駆使した先駆的な内容となっており、曲ごとに変化するインタラクティヴな演出などがバンドとの緻密な連携によって構成されているという。コンサートは9月18日の午前8時から配信される予定となっており、開催後も9月20日の午後3時まで1時間ごとに配信されるプレイバック放送を視聴することができる。なお、コンサートの視聴には『ロブロックス』のアカウントへのログインが必要となっている。

『ロブロックス』へのユーザー登録はこちらから。

https://www.roblox.com

コンサートのプレスリリースによれば、全5曲のセットリストは「トゥエンティ・ワン・パイロッツの往年のヒット曲と今年リリースされた最新アルバム『スケールド・アンド・アイシー』の曲が組み合わさった内容」になるという。

ヴァーチャル・コンサートではダイナミックな演出も用意されており、『ロブロックス』の公式サイトでは「プレイヤーにはコンサート(9月18日〜20日)の開始とともに、当日のセットリストをリクエストする投票権を得ることができます。また、『ロブロックス』の最新の照明に加えてリアルな光の反射を表現する『フィジカルベース・レンダリング』と呼ばれるCG描画技術やモーション・キャプチャー技術などを駆使して、まるで現実世界のように臨場感のある高度で細やかな演出が、楽曲ごとに設定されています」と紹介されている。

『ロブロックス』のサイト内にはトゥエンティ・ワン・パイロッツとのコラボレーション・アイテムとして様々なコンテンツが用意されている。プレイヤーは自身のアヴァター用のエモート(表情や動作のパーツ)や特注のバーチャル商品などにアクセスすることができ、全部で30種類以上のカスタム・デザインの限定品を購入することができる。

また、ヴァーチャル・コンサートの日程に先立って期間限定のクエストも用意され、『ロブロックス』内の3つのゲーム「ウェストオーヴァー・アイランド」、「クリーチャーズ・オブ・ソナリア」、「ワールド・ゼロ」に導入されるという。

公式サイトでは「一連のクエストではトゥエンティ・ワン・パイロッツ関連の報酬を獲得することができ、コンサート開催までの期間中は『ロブロックス』のプラットフォーム上からトゥエンティ・ワン・パイロッツのプレ・コンサート会場にアクセスできるポータルサイトも用意されています」と紹介されている。

さらに、プレイヤーはヴァーチャル・コンサートの舞台裏に迫る映像や、トゥエンティ・ワン・パイロッツのタイラー・ジョセフとジョシュ・ダンの2人による「Q&A」にアクセスすることができる。

『ロブロックス』の音楽部門でグローバル責任者を務めるジョン・ブラソプロスは「『ロブロックス』の核心は体験の共有にあります」と述べている。「私たちはワーナー・ミュージック・グループと共同で、これまでの『ロブロックス』にはなかった没入型のヴァーチャル・コンサート体験を構築しました。今回はトゥエンティ・ワン・パイロッツのタイラー・ジョセフとジョシュ・ダンとともにファンの皆さまをバンドの世界に迎え入れ、現実世界では実現が難しいと思えるような『ファンの方々が心から望んでいるであろう体験』を提供することができます」

『ロブロックス』は今年7月にソニー・ミュージック・エンタテインメントと提携を結ぶ以前から、昨年11月にはリル・ナズ・Xのコンサートをゲーム内で開催したほか、今年5月にはザラ・ラーソンが発売記念パーティーを行っており、400万人の視聴者数を記録している。また、トゥエンティ・ワン・パイロッツは以前にも地元・オハイオ州のアリーナ施設である「ショッテンシュタイン・センター」で「ライブストリームの可能性の限界に挑戦する」ことを目的としたヴァーチャル・コンサートを開催している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ