Photo: Activision

スレッジハンマー・ゲームズは9月8日に配信されたYoutube公式チャンネルでのライブ配信に続いて『コール オブ デューティ ヴァンガード』のマルチプレイヤー・モードのトレイラー動画を公開している。

動画では「帝国によって人生を狂わされた兵士や妨害工作員、暗殺者たちはそれぞれが恨みを抱えている。彼らを解放し大暴れさせよう」というナレーションが流れた後にマルチプレイヤー・モードのプレイ映像が確認できるようになっている。

スレッジハンマー・ゲームズは配信動画の中でマルチプレイヤー・モードでは「世界中で活躍する多様なオペレーターたちがチームになります。私たちは伝統にとらわれないタフなアンチヒーローである特殊部隊のオペレーターたちに焦点を当てました」と述べている。

『コール オブ デューティ ヴァンガード』のマルチプレイヤー・モードのトレイラー動画はこちらから。

同作の発売日には20種類のマップでプレイが可能になるほか、高度な武器カスタマイズや新モードの「チャンピオン・ヒル」、新パーク、戦術的な戦闘、強力な武器やアップグレードなどが新たに利用可能になることも明らかになっている。

『NME』では『コール オブ デューティ ヴァンガード』の先行体験版について次のように紹介している。「本作はこれまでの『コール オブ デューティ』シリーズと同じく戦場を走りまわって銃撃し合い、相手をどんどん倒していくゲームです。しかし、『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』での殺戮は物足りなさが残るものだったのに対して、『コール オブ デューティ ヴァンガード』では『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』の優れた点が生かされているようです」

『コール オブ デューティ ヴァンガード』は11月5日に発売される予定となっており、今月から2回にわたって開催されるオープンベータ・テストの詳細も発表されている。

オープンベータ・テストの1回目は9月11日午前2時から9月14日午前2時の間に実施されることになっており、プレイステーション4版プレイステーション5版の同ゲームを先行予約したプレイヤーなら誰でも参加できるという。オープンベータ・テストの期間中は『コール オブ デューティ ヴァンガード』の3つの新マップである「ホテル・ロイヤル」、「レッド・スター」、「ガビューチュ」と、従来の3つのゲームモード「チーム・デスマッチ」、「ドミネーション」、「キル・コンファームド」に加えて、新モード「パトロール」を体験することができるという。

このオープン・ベータ版では新しい武器セットとともに「チャンピオン・ヒル」モードが再登場するという。

オープンベータ・テストの2回目は翌週の9月17日午前2時から9月21日午前2時の間に実施されることになっており、クロスプレイのオープン・ベータテストとなる予定だが、詳細はまだ明らかになっていない。

その他のニュースとして、『コール オブ デューティ ウォーゾーン』では『コール オブ デューティ ヴァンガード』が11月5日に発売された後で、太平洋をモデルにした新マップが今年中に追加される予定であることが明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ