Photo: Square Enix

スクウェア・エニックスは9月13日17時よりオンラインRPG『ファイナル・ファンタジーXIV』のゲーム内で『ファイナル・ファンタジーXV』とのコラボレーション・イベント「英雄への夜想曲」を開催することを発表している。

『ファイナル・ファンタジーXIV』の公式ツイッターによると、コラボレーション・イベント「英雄への夜想曲」は9月13日の午後5時頃より10月18日まで開催され、プレイヤーは『ファイナル・ファンタジーXIV』のゲーム内で期間限定の報酬を獲得することができるようになっている。

本イベント期間中にはプレイヤーは『ファイナル・ファンタジーXV』の主人公である「ノクティス」と一緒にクエストに参加してボス戦に挑み、「ノクティス」の防具や象徴的な髪型、オーケストリオン譜、「トリプルトライアド」の対戦で使用するカードなどのアイテムのほか、2016年に『ファイナル・ファンタジーXV』に登場した4人乗りのマウント(プレイヤーの移動をサポートする乗り物)である「レガリア・タイプG」を獲得することができる。

プレイヤーは「ウルダハ:ナル回廊」にいる「キピ・ジャッキヤ」というキャラクターに話しかけることで、始まりのクエスト「黒尽くめの青年」をプレイすることができる。本イベントに参加するにはキャラクターのレベルを50にして『ファイナル・ファンタジーXIV:新生エオルゼア』のメインクエスト「究極幻想アルテマウェポン」をコンプリートしている必要がある。

『ファイナル・ファンタジーXIV』のコラボレーション・イベント「英雄への夜想曲」は2019年に初めて期間限定で開催されている。今回、初めてイベントに参加するプレイヤーに加えて、2019年開催時を含めた既にクエストをコンプリートしているプレイヤーたちも「シーズナルクエスト・リプレイ」を利用すると再びクエストをプレイできるようになる。ただし、報酬は獲得できないものとされている。

『ファイナル・ファンタジーXIV』では毎年恒例のイベントである「ムーンファイアフェア2021」が開催されたほか、『ファイナル・ファンタジーXIV:新生エオルゼア』へのリニューアル8周年を記念した期間限定イベントの「新生祭2021」が9月9日まで開催中となっている。

その他のニュースとして『ファイナル・ファンタジーXVI』のプロデューサーであり、『ファイナル・ファンタジーXIV』のプロデューサー兼ディレクターを務める吉田直樹は『ファミ通』のインタヴューの中で現在も両方の作品に携わっていることを明かしている。彼は『FFXIV』に「必死」で取り組みながら、『FFXVI』にも「細心の注意を払って」開発を進めていると述べており、ファンに「今後の展開にも引き続き期待してほしい」と語っている。

また、『ファイナル・ファンタジーⅦ リメイク』のPC版が発売される可能性があることが明らかとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ