Photo: Christian Petersen/Getty Images

今年の『マインクラフト』のオンライン・イベント「マインクラフト ライヴ」の開催が10月17日に決定したことが発表されている。昨年はアメリカで対面形式のイベント『マインクラフト・フェスティバル』の開催が予定されていたが、新型コロナウイルの影響でオンライン・イベントへ変更されており、今年で2回目の開催となる。

『マインクラフト』の公式ウェブサイトでは同イベントについて「インターネットを通じて世界中に生配信されます。『マインクラフト』の最新ニュース、コンテンツ・クリエイターやプレショー、また、ゲームに直接影響を与えるファンの皆さんの投票も実施されます」と記載されている。

さらに「ゲストにはモージャン・スタジオ社やコミュニティからおなじみの顔も登場すれば、サプライズ・ゲストの登場もあるかもしれません。イベントでは興味深いインタヴュー、刺激的な発表やファンの皆さんからの投票、そしてユニークなジョークもたくさん予定されています。ぜひみなさんのご自宅から、私たちの力となる熱い応援をお送りください」と続けている。

イベントのトレイラー動画はこちらから。

同イベントの詳細についてはこれから明らかになると見られている。『マインクラフト ライヴ』は『マインクラフト』の公式Facebook、YouTube、ツイッチ・アカウント、そして公式サイト「minecraft.net」で日本時間10月17日午前1時から生配信される予定となっている。

一方で、ファン待望の大型アップデート第2弾「アップデート1.18」の具体的な配信日は現時点では明らかになっていない。今年6月に配信された大型アップデート第1弾『洞窟と崖』では「ヤギ」や「ウーパールーパー」などの新しい野生動物が登場しているほか、銅やアメジストなどの新しいブロックも追加されている。また、新バイオームの地底世界「暗い深み」に潜む敵対モブ「ウォーデン」も登場している。

「アップデート1.18」は今年中の配信が予定されており、新たなバイオームの追加やワールド全体に大規模な変化がもたらされることになっている。ベータ版のスナップショットも公開され、モンスターがスポーン(出現)する環境が変更されていることも明らかになっている。

モージャン・スタジオ社に関するその他のニュースとして、難病と闘う子どもたちの夢をかなえるボランティア団体「メイク・ア・ウィッシュ」とともに同社がゲーム開発者を目指す少年の夢を『マインクラフト』で叶えたことが話題となっている。

『マインクラフト』のコミュニティ・マネージャーであるクリスティーナ・ホーナーは「少年に『夢の建築物』について尋ねてみると、彼はなかなか決めることができませんでした。作ってみたいものがたくさんあるのに今回の訪問では時間が足りなかったのです。そこで『建物を作って牛で埋め尽くそう』ということになりました」と語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ