Photo: Krafton

バトルロイヤル・ゲーム『プレイヤーアンノウンズバトルグラウンズ』、通称『PUBG』について開発元のクラフトン社は9月8日に配信する「アップデート13.2」の詳細を公開している。

「アップデート13.2」ではゲームに複数の新機能が追加され、マップ「テイゴ(Taego)」にはいくつかの調整が適用されるという。新たな「サバイバー・パス」として「クレイジー・ナイト」が販売され、PC向けは9月8日に、家庭用ゲーム機向けは9月16日に販売開始となる。パスの有効期間は従来の6週間とは異なり、8週間となっている。

「アップデート13.2」では新武器のサブマシンガン「P90」が登場し、この武器には1つのマガジンに5.7mm弾薬を50発装填することができ、デフォルトで「サイレンサー」、「デュアルスコープ」、「レーザーポインター」が装着済みとなっている。「P90」は本作では「トミーガン」以来のサブマシンガンの追加となり、マッチでは「補給物資」のなかから入手することができる。

また、アップデートで本作に「カジュアルモード」が追加されるようになる。このモードでプレイヤーは気軽に対戦の練習をすることができるほか、初心者のプレイヤーは安心してゲームのプレイ方法を習得することができるようになる。「カジュアルモード」は1日に3回まで、ソロまたはチームでプレイすることができる。プレイヤーは「カジュアルモード」でもXP(経験値)や報酬を獲得することができ、「パスミッション」をプレイすることもできる。なお、「カジュアルモード」を利用できるのは「エランゲル」マップに限られているという。

さらに「テイゴ」のマップには「天候」に関する新システムが導入され、ゲームの開始時に「夕焼け」か「曇り」がランダムに選択されるという。「テイゴ」のミニマップも改善され、プレイヤーがプレイ可能なエリアを示す境界線がより明確に表示されるようになる。

「テイゴ」には同マップ限定で「ポーター」という軽トラックが登場するようになる。「ポーター」は4人の乗員を乗せることができ、今回追加される新機能「トランクシステム」に対応する唯一の車両となる。「トランクシステム」はプレイヤーがアイテムを「ポーター」の荷台に収納し、必要時には荷台から簡単に取り出すことができる新機能となっている。「ポーター」が破壊されると、すべてのアイテムも一緒に消滅してしまう。

また、新たな投てき武器「ブルーゾーン・グレネード」も登場する。「ブルーゾーン・グレネード」を使用すると最大半径10メートルの「ブルーゾーン」を作り出し、ゾーン内にいるプレイヤーに一定の時間ダメージを与え続けることができる。このゾーンは時間の経過とともに徐々に縮小するものの、ゾーン内のプレイヤーには壁などの障害物を無視してダメージを与えることができる。

その他のニュースとして、レイヴン・ソフトウェア社は『コール オブ デューティ:ウォーゾーン』にコミックス『ジャッジ・ドレッド』シリーズの主人公「ジャッジ・ジョゼフ・ドレッド」の登場を示唆するツイートを公開している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ