Photo: Riot Games

MOBAゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』の北米プロ・リーグをモデルにしたTVシリーズ『プレイヤーズ』が製作されることが明らかとなっている。このTVシリーズはネットフリックスのオリジナル・ドラマ『アメリカを荒らす者たち』を手掛けた2人のクリエイターが製作にあたる。

TVシリーズ『プレイヤーズ』は現地時間8月27日に発表されており、『リーグ・オブ・レジェンド』のeスポーツの北米リーグである「リーグ・オブ・レジェンド チャンピオンシップ・シリーズ(通称LCS)」を舞台にしたフィクションとなっている。作品では架空のチームが何年も逃してきたLCSでの初優勝を目指す姿が描かれるという。チームの勝利のために才能豊かな17歳の新人と27歳のベテランがそれぞれのエゴを捨てて協力し合わなければならいシーンが見どころの1つとなっている。

『プレイヤーズ』はダン・ペローとトニー・ヤセンダが制作を手掛けており、2人が2017年に制作したドラマ『アメリカを荒らす者たち』と同様にモキュメンタリー形式(フィクションをあたかも事実のようにドキュメンタリー風に描く手法)で制作されるという。

ライアットゲームズでeスポーツ部門の担当者であるクリス・グリーリーは、eスポーツのジャーナリストであるトラヴィス・ガフォードとのインタヴューで、ダン・ペローとトニー・ヤセンダはライアットゲームズと協力して『プレイヤーズ』を制作しており、実際のLCSチームは「新作TVシリーズにブランドやロゴを貸し出している」と述べている。また、制作者の2人は「約3年前から『リーグ・オブ・レジェンド』の世界に深くのめり込んでいる」ことを明らかにしており、LCSの決勝戦やレギュラー・シーズンの試合を何度も観戦して、eスポーツのゲームや文化について学んできたと続けている。

ライアットゲームズのライターを務めるキーン・ラムは現在『プレイヤーズ』の制作に取り組んでおり、「我々の世界観に合った作品にしたい」と述べて次のように続けている。

「大手マスメディアの制作者たちがeスポーツのことを取り上げて制作すると『失敗作』になる懸念は常にあると思いますが、私たちはこの危険性に対して最大限の注意を払っており、この落とし穴にはまらないことを願っています」

本シリーズはアメリカのネット動画の配信企業であるパラマウントプラスより配信される予定となっているが、配信開始日は明らかになっていない。

その他のニュースとして、ハードコアFPSの『エスケープ・フロム・タルコフ』では最新イベントが実施されており、「ショアライン(海岸線)のリゾート」でのレイド(出撃)が難しくなったことが明らかとなっている。これは、本作に登場するマップ「税関」のボスとして知られる「リシャーラ」が「ショアラインのリゾート」に移動して仲間のボスである「サニター」と手を組んだことによるという。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ