Photo: Epic Games

フォートナイト』はアメリカの週刊ニュース誌『タイム』とコラボレーションして、アメリカの牧師でアフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者であるマーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)を称える新たなゲームモード「マーチ・スルー・タイム」を開発したことを発表している。

「マーチ・スルー・タイム」はエピック・ゲームズの人気バトルロイヤル・ゲーム『フォートナイト』に登場する期間限定のゲームモードとなっている。フォートナイト・クリエイティヴ・モードの制作メンバーが開発した「マーチ・スルー・タイム」モードでは、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの演説「私には夢がある。(I Have a Dream)」の全体と、それを取り巻く歴史に入り込むことができるという。

プレイステーションの公式サイトのブログ記事(英語版)によると、「新たなモードである『マーチ・スルー・タイム』はプレイヤーを約60年前にテレポートさせ、ワシントンD.C.を再現した『D.C.63』と呼ばれる街に連れて行ってくれます」と紹介されている。「フォートナイト・クリエイティヴ・モードの制作メンバーが開発したこのモードでは、プレイヤーがキング牧師の公民権運動の教えを目の当たりにするような臨場感のある体験ができます」

D.C.63というワールドでの体験はフォートナイト・クリエイティヴ・モードの制作メンバーである「ChaseJackman」、「GQUanoe」、「XWDFr」、「YU7A」によって開発され、プレイヤーはマーティン・ルーサー・キング・ジュニアが象徴的な演説を行ったリンカーン記念堂やナショナル・モールを訪れることができるようになっている。

また、リンカーン記念堂にインスピレーションを受けた注目スポットや、他のプレイヤーと連携してクリアする協力型ミニゲームも用意されている。これらのクエストは「私たちは協力することで前進することができるのです」というキング牧師の演説を想起させる重要なものであると説明されている。

「キング牧師と公民権運動」に関連するチャレンジをクリアすると、ロッカー(プレイヤーがスキンやアイテムを貯めておく場所)でアイテムの1つであるスプレー「D.C.63」をアンロックすることができるという。

プレイステーション公式サイトのブログ記事では次のように記載されている。「公民権に関する問題は依然としてなくなっていませんが、世界中の何百万人もの人々の努力のおかげで改善してきています。『マーチ・スルー・タイム』の体験が人種、宗教、思想にかかわらずすべての人々がお互いに敬意と共感を持てるよう、コミュニティに刺激を与えることを願っています」

「マーチ・スルー・タイム」モードは現在『フォートナイト』でプレイ可能となっている。

その他のニュースとして、アドベンチャーゲーム『ライフ・イズ・ストレンジ:トゥルー・カラーズ』のサウンドトラックがスポティファイでストリーミング配信されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ