Photo: LEGO

ゲームイベント「ゲームズコム 2021」で『レゴ スター・ウォーズ:スカイウォーカー・サーガ』の海外向けの発売時期が2022年春であることが発表されている。

ファン待望の『レゴ スター・ウォーズ』のゲーム版の世界が、かなりよく出来た(時にユーモアを交えた)トレイラー動画でお披露目されている。

「ゲームズコム 2021」の「オープニング・ナイト・ライヴ」の配信の中で最新作『レゴ スター・ウォーズ:スカイウォーカー・サーガ』が紹介され、2022年春の発売が正式発表されている。

これまで『レゴ スター・ウォーズ:スカイウォーカー・サーガ』の発売は何度も延期されてきたが、今回の発表によりファンたちは更に待つことなく風変りな『レゴ・スター・ウォーズ』の世界を体験できる見通しとなっている。

今回発表されたレゴ ゲームシリーズの最新作は、映画『スター・ウォーズ』シリーズの完結編である『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』をレゴの世界で再現し、映画の中で最も象徴的なシーンを追体験できるようになっている。

レゴでできた印象的な見た目の宇宙船で行われる戦闘もあり、『レゴ スター・ウォーズ:スカイウォーカー・サーガ』はレゴならではの楽しく愉快なユーモアだけでなく、充実したプレイヤー体験が期待できると見られている。

同タイトルでは旧三部作(オリジナル・トリロジー)から新三部作(プリクエル・トリロジー)、そして続三部作(シークエル・トリロジー)まで、映画『スター・ウォーズ』の9つ全てのエピソードが再現されており、映画に登場するライトセーバーによる戦闘や、アクション、冒険を楽しめるものとなっている。

また、映画『スター・ウォーズ』のキャラクターも数多く登場し、アレック・ギネスが演じた「オビ=ワン・ケノービ」には声優により命が吹き込まれている。

公式トレイラー動画は「サーガをすべてプレイせよ」としているが、確かに映画の世界を満喫できる内容となっているという。映画『スター・ウォーズ』のほぼすべてのキャラクターがレゴのフィギュアとなって登場し、プレイヤーはキャラクターを操作して映画でおなじみの宇宙船の操縦やライトセーバーでの戦闘が体験できる。

その他のニュースとして、クライム・アクション・ゲーム『セインツロウ』のリブート版が来年2月に発売されることが明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ