Photo: Microsoft

『ヘイロー』シリーズの最新作『ヘイロー・インフィニット』は「ゲームズコム2021 Xbox ストリーム」の中で新情報が発表されず、発売日も未定となっていることが明らかとなっている。「ゲームズコム2021」はヨーロッパ最大規模のゲームイベントで、マイクロソフトはこのイベントに合わせて8月25日午前2時より「ゲームズコム2021 Xbox ストリーム」の配信を開始していた。

年内に発売予定の『ヘイロー・インフィニット』は今年最も注目されているゲームの1つとなっている。マイクロソフトは本作の新たな情報を公開することなく、11月9日に発売予定のオープンワールド・レーシング・ゲーム『フォルツァ ホライゾン 5』の紹介で「ゲームズコム2021 Xbox ストリーム」の配信を締めくくっている。

「ゲームズコム2021 Xbox ストリーム」では『ヘイロー・インフィニット』の詳細は明かされなかったが、これに先立って同シリーズを手掛ける343インダストリーズの開発者だったと名乗る人物が『ヘイロー・インフィニット』のキャンペーン・モードについて、「非常に大きな負担」となっているというコメントをレディットに投稿していた。

レディットの投稿者は「『ヘイロー・インフィニット』の発売が延期されるという発表に多くの人が不満を抱いています」と述べており、「社内でも多くの人たちが大きな不満を抱いているので、この件に注目してもらいたいと思いました。私たちがフラストレーションを感じているのは発売が延期されるからではなく、このことをもっと早くお伝えしたかったからなのです」と続けている。

さらに投稿者は「開発チームは、『フォージ』モードや『キャンペーンCo-op』モードよりも、シングルプレイ・キャンペーンとマルチプレイを完成させることに専念したいと考えています。マルチプレイはすべてのメインモードに加えて、オリジナルのものを含めた無料で入手できるイベント・アイテムなどを用意し、万全の状態で発売日を迎えることができると思います」と述べている。

このレディットの投稿は、先日の開発アップデートで『ヘイロー・インフィニット』が発売時には「キャンペーンCo-op」モードや「フォージ」モードを導入せず、数ヶ月後に導入するというニュースを受けての内容となっている。

先日の開発アップデートに関するゲームプレイ動画の公開はなかったが、『ヘイロー・インフィニット』のライヴ・プロデューサーのサム・ハンショーは本作のテクニカル・プレヴューを「成功」と述べている。また、シングルプレイ・キャンペーンとマルチプレイをプレイできる日は未定となっているものの、発売と同時にゲーム内でプレイできることが明らかとなっている。

その他の「ゲームズコム2021」関連のニュースとしてマイクロソフトはクラウドゲームサービス「Xbox クラウド・ゲーミング」を今年のホリデーシーズンよりXboxシリーズX/SおよびXbox Oneに対応すると発表している。また、『マイクロソフト・フライト・シミュレータ』では「リノ・エアレース」の拡張機能を使った対戦型マルチプレイヤーが登場することが明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ