Photo: FromSoftware

ゲームイベント「ゲームズコム 2021」で注目を集めている「ゲームズコム・アワード 2021」の有力候補にアクションRPG『エルデン・リング』がノミネートされていることが明らかとなっている。これによりファンたちの間では会期中に新たなゲーム・プレイ動画が公開されるのではないかと予想されている。

今のところ、開発元のフロム・ソフトウェアやイベントの主催者から正式なアナウンスはされていない。「ゲームズコム 2021」の公式規約によると、ノミネート作品は最低でも約10分間にわたるゲーム・プレイ動画を審査会に提出しなければならないという。

ゲーム・プレイ動画には作品のゲーム・システム、レンダリング・エンジン、ゲーム内で実際に使用されているサウンドスケープが含まれている必要があり、審査員は自由にその動画にアクセスすることができるようになっている。『エルデン・リング』がノミネートされているということは、開発元からまだ一般公開されていない詳細なゲーム内容が審査会に提供されていることが想定できる。約10分におよぶ映像が提出されていることから、ファンたちは長尺のゲーム・プレイ動画の公開があるのではないかと推測している

フロム・ソフトウェアは「サマー・ゲーム・フェス」で開催された配信イベント「キックオフライブ!」で『エルデン・リング』を発表している。本作は広大なマップ自由に探索できるオープンワールド・ゲームとなっており、馬に乗ってマップ内を駆けまわったり、騎乗したまま敵と戦うこともできる。

「ゲームズコム 2021」は9月末の「東京ゲームショウ」の前に開催される、今年最後の大規模イベントの1つとなっている。『エルデン・リング』は2022年1月21日に発売が予定されているため、国際的に注目されるイベントとしては「ゲームズコム 2021」が本作を披露する最後の機会と見られている。

また本作は「ゲームズコム・アワード 2021」において、Xbox、PC、プレイステーションの3つのプラットフォームで「ベスト・ゲーム」部門にノミネートされているほか、「ベスト・アクション・アドベンチャー・ゲーム」部門と「ベスト・ロールプレイング・ゲーム」部門でもノミネートされている。かつてフロム・ソフトウェアが手掛けたアクション・アドベンチャー・ゲーム『隻狼:シャドウズ ダイ トゥワイス』は2018年に「ゲームズコム・アワード」の大賞を受賞している。同タイトルは戦国時代の日本を舞台にした人気アクション・アドベンチャーで、「ベスト・アクション・ゲーム」部門でも賞を受賞している。

その他のニュースとして、『ヘイロー・インフィニット』の開発者と思われる人物が、「キャンペーン・コープ」機能と自分だけのゲームモードをデザインできる「フォージ」機能が発売後に追加される理由について、追加機能の制作は開発チームにとって大きな負担となっているためと説明している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ