Photo: Riot Games

ライアットゲームズはオンラインMOBA『リーグ・オブ・レジェンド』のキャラクターで構成された架空のバンド「ペンタキル」のニュー・アルバムの発売日を発表している。

同作の公式ツイッター・アカウントは「伝説が帰ってきた」というメッセージを添えて、「ペンタキル」が9月9日にニュー・アルバム『ロスト・チャプター』をリリースすることを発表している。

ニュー・アルバムのリリース日が毎年秋ごろに開催される世界大会「リーグ・オブ・レジェンド ワールドチャンピオンシップ」の時期と重なっていることから、ライアットゲームズは今年の大会でも音楽による演出を行うものと見られている。

『リーグ・オブ・レジェンド』のキャラクターによる音楽グループではここ数年「K/DA」と「トゥルー・ダメージ」が最も注目を集めていたが、ヘヴィ・メタル・バンドの「ペンタキル」は両グループに先がけて2014年にファースト・アルバムをリリースしている。

「ペンタキル」の前回のアルバム『グラスプ・オブ・ジ・アンダイイング』が2017年にリリースされて以来、ファンは続報を待ち続けていたという。ライアットゲームズは2019年に『リーグ・オブ・レジェンド』の10周年を記念した特別放送で「ペンタキル」の最新アルバムについて予告していたが、それ以降の続報は発表されてこなかった。

「ペンタキル」のメンバーは「K/DA」や「トゥルー・ダメージ」と同様にゲーム内でバンドをテーマにしたスキンが登場しているキャラクターで構成されている。現在の「ペンタキル」の構成メンバーは、「カーサス」、「ケイル」、「モルデカイザー」、「オラフ」、「ソナ」、「ヨリック」となっているが、ライアットゲームズは前回のアルバムをリリースする際に新メンバーを追加している。バンド名の「ペンタキル」は『リーグ・オブ・レジェンド』で1人のプレイヤーが敵チームを5人全員倒したことを指す言葉「ペンタキル」に由来しており、重い曲調の音楽に合った名前となっている。

ニュー・アルバムのリリース時にはゲーム内に新スキンが追加されることが予想されるが、「ペンタキル」が現行メンバーのままアルバムをリリースするのか、メンバーを変更するのかについてはまだ発表されていない。

『リーグ・オブ・レジェンド』の関連ニュースとして、世界大会でゲーム実況を務めるダニエル・ドラコスが『NME』のインタヴューに応えて、同作の音楽が「ゲームの世界観によく合っていると感じている」と語っており、実況動画の配信チームが作成した音楽のビデオが人気を博す理由になっていると述べている。

その他のニュースとして、アクションRPGの『ジ・エルダー・スクロールズV:スカイリム』の10周年を記念したバージョンである『ジ・エルダー・スクロールズV:スカイリム アニバーサリー エディション』は現地時間11月11日に発売されることが明らかとなっており、購入者には複数の無料アップデートが提供されることになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ