Photo: Survival Pictures/FilmNation Entertainment

来たる実写映画版『メタルギアソリッド』の主人公「ソリッド・スネーク」役を演じるオスカー・アイザックが最近のインタヴューでこの役を引き受けた理由について語っている。

オスカー・アイザックはイギリスの映画雑誌である『トータル・フィルム』のインタヴューに対して「ゲームの『メタルギアソリッド』が大好きなので」、「ソリッド・スネーク」を演じたいと思っていたと述べている。 

「私は『メタルギアソリッド』をプレイするたびに経験する感覚が大好きです。異様な孤独感や哀愁、不安感の漂うゲームとなっており、不気味で幸福感や絶望感の入り混じったコンセプトや悪役の登場により、とてつもない暴力と恐怖を感じる瞬間があります。幻覚を見ているかのようなミリタリー・ホラーのようなことが起こるんです」

「そして何より、戦争に反対する内容のストーリーが根底にあるんです。これが私が本当に好きなところなのだと思います」

そしてオスカー・アイザックは実写映画版に出演することを強く望んでいる理由をまとめている。「お話したように、私は『メタルギアソリッド』をプレイしているときの感覚が大好きです。そして、映画でそのような感覚を再現できるのか、また反戦などのテーマを観客を惹きつけながら表現できるのかという誰もが知りたがる命題に興味があるんです」

現段階では、実写映画版『メタルギアソリッド』の公開時期や制作開始時期は未定となっている。

オスカー・アイザックは長年にわたって『メタルギアソリッド』への想いを公の場で語っており、2019年には実写映画版『メタルギアソリッド』の監督であるジョーダン・ヴォート=ロバーツが「登場人物のキャスティングはまだ始まっていない」にもかかわらず、(コンセプトの段階から)オスカー・アイザックを主演とした実物大模型を公開していた。

その他のニュースとして、『ジ・エルダー・スクロールズⅤ:スカイリム』に登場する宝物に導いてくれるキツネについて長年の謎がようやく解明されている。

本作の元開発者は「意図的に追加したのではなく、ゲーム内の複数のナビゲーション機能が同時に作用することにより偶然起こったことだった」と自身のツイッターで説明している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ