Photo: Sucker Punch Productions

『ゴースト・オブ・ツシマ ディレクターズカット』の発売に先立ってオリジナル版がプレイステーション・ストアから削除されていることが明らかになっている。

ニュースサイト『ワイヤードアップ・レポート』はオリジナル版『ゴースト・オブ・ツシマ』がプレイステーション・ストアからひっそりと姿を消していると報じており、『ゲームスレーダー』がプレイステーション4とプレイステーション5の両方で現在購入できなくなっていることを確認している。

8月20日のディレクターズカット版発売に合わせてオリジナル版はプレイステーション・ストアから削除されたと推測されており、これはプレイヤーたちにディレクターズカット版の購入を促す意図があると見られている。

『ゴースト・オブ・ツシマ ディレクターズカット』はプレイステーション4とプレイステーション5で8月20日に発売が予定されている。ディレクターズカット版にはオリジナル版の本編に加えて“壱岐島”(いきのしま)を舞台にした新たなストーリー「壹岐之譚」が追加されるほか、プレイステーション5向けの機能として、60FPSをターゲットとしたフレームレートの向上、日本語音声のリップシンクにも対応している。

現在オリジナル版がプレイステーション・ストアから姿を消しているため、オリジナル版をプレイしたい場合にはパッケージ版の購入が必要となる。なお、ソニー・インタラクティブ・エンターテインメントが今後プレイステーション・ストアで再びオリジナル版のダウンロード販売をするかどうかは現時点では明らかになっていない。

「壹岐之譚」は『ゴースト・オブ・ツシマ』に新たに追加されるストーリーとなっており、主人公「仁」は蒙古が襲来したという噂を確かめるため「壱岐島」へと旅立つことになる。「壹岐之譚」では新たなキャラクターや探索エリアが登場し、防具、ミニゲーム、技、敵、トロフィーなども追加される。

今月初め、サッカー・パンチ・プロダクションズは『ゴースト・オブ・ツシマ』の協力型マルチプレイモード「レジェンズ/冥人奇譚」の単体版『ゴースト・オブ・ツシマ:レジェンズ/冥人奇譚』を発売することを発表している。本作はプレイステーション4とプレイステーション5の両方で9月3日に発売予定で、価格は2,200円(税込)となっている。

その他のニュースとして、クリスタル・ダイナミックスはアクション・アドベンチャー・ゲーム『アベンジャーズ』への「スパイダーマン」の登場は、今年中に予定していると述べている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ