Photo: EA

『FIFA 22』ではファンから長年要望のあった相手チームのゴールパフォーマンスを非表示にする機能が導入されることが明らかになっている。

新たな機能「ゴールパフォーマンス・カメラ・フォーカス」では相手チームのゴールパフォーマンスを非表示に設定することができ、代わりに自分のチームの選手のリアクションを表示することができる。

『FIFAアルティメット・チーム』のリード・プロデューサーであるマイク・バルヌツはブログ記事「ピッチ・ノート」で次のように述べている。「相手にゴールを許すことは特に接戦の時には心が痛むものです。現実世界でのサッカーではゴールパフォーマンスは重要な役割を担っていますが、これを見ることでイライラしてしまうプレイヤーもいることは分かっています」

「そこで、相手がゴールを決めた時に自分のチームのリアクションか、相手チームのゴールパフォーマンスのどちらかのカメラ表示を設定できる『ゴールパフォーマンス・カメラ・フォーカス』機能を新たに導入することにしました。初期設定では『相手チームのゴールパフォーマンス』が表示されますが、変更することができます。この設定の変更は『FIFAアルティメット・チーム』モードだけでなく、『FIFA 22』内のすべてのモードに反映されます」

ゲーム内のゴールパフォーマンスは『FIFA』シリーズのプレイヤーたちの間で長きにわたって議論されており、中にはゴールパフォーマンスがゲーム・プレイに悪影響を与えると感じているプレイヤーもいるという。『ユーロゲーマー』によると、昨年エレクトロニック・アーツは『FIFA 21』から人差し指を口の前に立てて「静かにして」というようなゴールパフォーマンスを削除している。このゴールパフォーマンスは得点を決めた選手が場内を走り回りながら披露するので、試合が再開されるまでにさらなるフラストレーションがたまるとして特に評判が良くなかった。

「ピッチ・ノート」ではクラブの旗や横断幕を含む観客席のカスタマイズのほか、多くの機能の追加や変更が紹介されている。また『FUTヒーローズ』モードも登場予定で、これは「現代のサッカー界で最も愛されている選手たちを記念して、所属するリーグで彼らが実績を残してキャリアを築いた瞬間に焦点を当てる」ゲーム・モードとなっている。

『FIFA 22』に関するその他のニュースとして、マネージャー・モードとプレイヤー・キャリア・モードがアップデートされ、プレイヤーは自分のクラブを作成できるようになることが明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ