Photo: EA

エレクロトニック・アーツはシリーズ史上初の試みとして10月1日に世界同時発売予定の『FIFA 22』のプロクラブ・モードに女子サッカー選手が登場することを発表している。

『ユーロゲーマー』の報道によると、自分でカスタマイズしたサッカー選手を作成して操作する「プロクラブ・モード」で女子の選手を作成することができるようになるという。選手を自分好みにカスタマイズした後、その選手をプロクラブに参加させて試合をすることができるようになっている。現段階では、この女子サッカー選手は「アルティメットチーム」と『FIFA 20』で新たに追加されたボルタ(VOLTA)モードでのみプレイ可能となっている。

これはエレクロトニック・アーツが推進しているインクルージョンに対する取り組みの一環となっており、元サッカーイングランド女子代表選手であるアレックス・スコットを初めて英語話者の司会者兼サッカー解説者として起用したことに続く試みとなっている。

女子サッカー選手が登場する『FIFA22』のプロクラブ・モードを紹介したYouTube公式チャンネル「EA SPORTS FIFA esports」のトレイラー動画はこちらから。

『NME』によると、『FIFA 22』の前作である『FIFA 21』のレヴューでは「『FIFA 21』のゲームプレイは最高で、キャリアモードでは自分なりの楽しみ方ができるだけでなく『FIFA 20』で課題とされていたAIによるオフザボールの動きも解決されている。それ以外の内容は『FIFA 20』とほとんど変わらないが、レストランでお気に入りのメニューを注文した人が『なぜレシピを変えないんだ?』と不満を言うことはないように、プレイヤーはこれまで同様にゲームを楽しめるということだ」と紹介されている。

『FIFA 22』はプレイステーション5、プレイステーション4、XboxシリーズX/S、Xbox One、PCで10月1日に発売予定となっている。アルティメット・エディションの予約購入者は4日間の先行アクセスにより9月27日からダウンロード可能となっている。また、アルティメット・エディションの期間限定オファーである8月11日までは、特典として4600FIFAポイントや「キリアン・エムバペ」を5試合レンタルする権利などが入手できるという。

エレクトロニック・アーツは『FIFA 22』の新たなゲームプレイ・トレイラー動画を公開しており、同作の40以上の改善点を詳しく紹介する開発ブログを公開している。

その他のニュースとして、NFLミネソタバイキングのワイドレシーバーであるジャスティン・ジェファーソンは8月20日発売予定のアメリカン・フットボール・ゲーム『マッデンNFL 22』のレーティングに不満を感じているという。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ