Photo: Square Enix

プレイステーションの定額制サービス「プレイステーション・ナウ」では8月から新たに追加となるタイトルが公開されている。今回のラインナップにはユーザーから高く評価されている3作品が並んでいる。各タイトルは「プレイステーション・ナウ」の定額制ユーザーであればプレイステーション4、5およびPCで対象のゲームをプレイすることができる。

ソニー・インタラクティブ・エンターテインメントは8月2日付のプレイステーションの公式ブログで『ニーア オートマタ』、『アンダーテイル』、『ゴーストランナー』の3作品を今月のラインナップとして提供すると発表しており、各タイトルの内容を紹介している。

『ニーア オートマタ』はアクションRPGで、プレイヤーはゲーム内に登場するアンドロイド「2B」たちを操作して、侵略者である「機械生命体」からの襲撃に挑む。プラチナ・ゲームズが開発を担当し、スクウェア・エニックスがプロデュースする『ニーア オートマタ』は「バツグンの爽快感を楽しめるハイスピードな戦闘」が魅力となっている。

『アンダーテイル』は従来のRPGとは異なり、「誰も死ななくていい優しいRPG」をコンセプトにしている。本作は「地底の世界」に落ちてしまった主人公が地上に帰るための出口を探して冒険する2Dゲームで、プレイヤーは独自の戦闘システムで「モンスターを見逃す」選択もできる。『アンダーテイル』で使用されているサウンドトラックやモンスターとの戦闘をプレイヤーが回避できる特徴的なシステム、開発者であるトビー・フォックスがほぼ全ての制作工程を一人で担ったことなどにより、同作は非常に高い評価を受けている。

『ゴーストランナー』は一人称視点の「サイバーパンク」アクションで、高速でダイナミックなゲーム進行や一撃必殺の攻防を特徴としている。プレイヤーは「『単分子のカタナ』で敵を切り裂き、超人的な反射神経で弾丸をかわし、さまざまな特殊技を駆使」しながらクリアを目指すゲームになっている。

プレイステーションの公式ブログによると、『アンダーテイル』と『ゴーストランナー』については現段階では配信終了日が未定となっており、『ニーア オートマタ』は今年の11月1日までの配信と告知されている。

その他のニュースとして、フランスに本社を置くユービーアイソフトが手がける『レインボーシックス シージ』で期間限定イベント「コンテインメント」が本日から開催されている。このイベントには新たなゲームモードの「ネスト破壊」が登場しており、「キメラバクテリア」に包囲された「領事館」が舞台となっている。

「ネスト崩壊」では攻撃側のチームがバクテリアのネストを破壊して根絶することを目的としており、防衛側のチームは人型の「プロティアン」として目的地を守ることを使命としている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ