Photo: Square Enix

スクウェア・エニックスは『アベンジャーズ』の新たなエキスパンション「ブラックパンサー:ワカンダの戦い」を現地時間8月17日に配信すると発表している。

「ブラックパンサー:ワカンダの戦い」はゲーム本体の所有者に無料で提供される。「ブラックパンサー」は原作のコミックで「ホークアイ」として登場した「クリント・バートン」と「ケイト・ビショップ」に続く3人目のプレイアブル・キャラクターとなる。

公式サイトによると、最新エキスパンションの「ブラックパンサー:ワカンダの戦い」は「ローンチ以降最大級のボリュームを誇る」という。新ヴィランの「クロウ」、新たな敵「クロウファクション」、新拠点「バーニン・ザナ」のほか、新マップ「ワカンダのジャングル」では新たな「ウォーゾーン」や新ミッションが追加される。

アメリカ太平洋時間の8月16日午前10時に公開される「アベンジャーズ ウォー テーブル ウィークリー ブログ #49(英語版)」で今回の新エキスパンションの詳細が明らかになる見通しとなっており、次回のダウンロード・コンテンツについても予告される可能性がある。

「ブラックパンサー」が登場する最新エキスパンションの公式トレイラー動画はこちらから。

開発元のクリスタル・ダイナミックス社によると、今回の配信でプレイ可能な「ヒーロー」は合計で9人となり、全てのキャンペーン・モード(ストーリー・モード)をクリアするまでには約25時間かかるボリュームになるという。

7月30日から8月1日までに『アベンジャーズ』をダウンロードすると、これまで配信された全コンテンツにアクセスできる取り組み「オール・アクセス・ウィークエンド」が、プレイステーション4、プレイステーション5、PC(スチーム) 向けに行われている。期間中にはゲーム本編のシングル・プレイ用キャンペーン「リアッセンブル」や「オペレーション:AIMを狙え」などのコンテンツをプレイすることができる。

なお、海外版の「ブラックパンサー」の声優は『ゴッド・オブ・ウォー』の「クレイトス」役で有名なクリストファー・ジャッジが務めることが決定している。これは、これまで声を担当していたマーベル・シネマティック・ユニバースに所属する声優チャドウィック・ボーズマンが亡くなったことを受けてのこととなる。

「ブラックパンサー:ワカンダの戦い」の配信については長い間予告されていただけに、今回の配信日の発表はプレイヤーにとって嬉しいニュースとなっている。一方、2021年初頭に当初予定されていた「スパイダーマン」の追加についてはその後具体的な情報は発表されていない。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ