Photo: Warner Bros. Games.

ワーナー・ブラザースはゲーム『シャドウ・オブ・モルドール』で使用されているネメシス・システムの特許を取得しようとしている。

モノリス・プロダクションが開発したネメシス・システムはプレイヤーのゲーム内での行動をトラッキングするもので、アルゴリズムで生成されるウルクの手による勝敗も記録するもので好評を得ている。

ウルクはプレイヤーの行動を記憶することで、他の種族のウルクの序列で上り詰め、プレイヤーに挑戦して愚弄していくことで、より負けにくい特殊能力を獲得していくことになる。

ゲーム・メイカーズ・ツールキットの動画ではゲーム内のシステムがどうやってプレイヤーの行動に合わせてストーリーを生成するかが詳細に説明されている。

ワーナー・ブラザースはこのシステムで特許を取得しようとしており、特許申請の書類には次のように記されている。「コンピューター・ゲームおけるプレイヤーじゃないキャラクターやパワー・センターを管理する方法で、プレイヤーじゃないキャラクターやオブジェクトについてもそれぞれのキャラクターの特徴やランク、イベントなどによるキャラクターの序列や個別のやりとりに基づくものとなっている」

また、グーグル・パテンツはネメシス・システムが2019年にワーナー・ブラザース・エンターテイメント社に譲渡され、現在は「出願中」で、つまりまだ申請が完全に終了したわけではないと記載している。

2020年7月、『WCCFテック』は、ワーナー・ブラザース・モントリオールが開発している『バットマン』の新作にはネメシス・システムが搭載されるかもしれないと報じている。

同じ頃、『エスケーピスト』は2021年後半に発表予定の『ハリー・ポッター』ゲームに関する噂を報じており、ネメシス・システムに似たシステムが採用されたRPGゲームになるのではないかとされている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ