Photo: NetherRealm Studios

ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンタテインメントは『モータル・コンバット11』の全世界での販売本数が1,200万本を突破したことを発表している。

『モータル・コンバット11』は2019年4月に発売され、『モータル・コンバット』シリーズで歴代最高の販売本数となっている。

ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンタテインメントによると、同シリーズは1992年にアメリカのミッドウェイ・ゲームズ社が発売したアーケードゲーム『モータル・コンバット』から始まり、その後リリースされた家庭用ゲーム機版の累計販売本数は、シリーズ全体で7,300万本を突破している。

また、『モータル・コンバット モバイル』のダウンロード数も全世界で1億3,800万を記録しており、日々数百万人のプレイヤーが家庭用ゲーム機版やモバイル版の『モータル・コンバット』を継続的にプレイしていることも明らかとなっている。

開発元のネザーレルム・スタジオでクリエイティヴ・ディレクターを務め『モータル・コンバット』の共同制作者でもあるエド・ブーンは「約30年前に『モータル・コンバット』をリリースしたときには、販売本数が7,300万本を超えるシリーズになるとは夢にも思いませんでした」と述べている。

「非常に熱心なファンが世界中にいて、そういった人たちの長年にわたる応援に感謝しています」

『モータル・コンバット11』は現在、プレイステーション5、プレイステーション4、XboxシリーズX/S、Xbox One、Nintendo Switch、PCおよびグーグル・ステイディアでプレイできるようになっている。

2020年11月にリリースされた海外向け最新版『モータル・コンバットアルティメット』は、『モータル・コンバット11』本編に加え、ダウンロード・コンテンツがセットになっている。

ネザーレルム・スタジオは『モータル・コンバット11』の公式ツイッターで同タイトルのダウンロード・コンテンツの開発を終了し、未発表の次期プロジェクトに注力する考えであることを発表している。

「ネザーレルム・スタジオは現在、次のプロジェクトに注力しています。2年以上にわたり『モータル・コンバット11』をサポートしてきましたが、キャラクターを含むダウンロード・コンテンツの開発は終了となります」

その他のニュースとして、アマゾン・ゲームスタジオは今年8月に発売予定のMMORPG『ニューワールド』のクローズド・ベータテストで、先週末(現地時間の7月25日)にスチームの同時接続者数が約20万人を達成したことを発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ