Photo: Konami

コナミデジタルエンタテインメントは『遊戯王』シリーズの最新ゲーム3本について、公式Youtubeチャンネル「遊戯王OCGチャンネル」で最新情報を公開している。

同社は『遊戯王』シリーズをテーマにした配信番組「遊戯王デジタル ネクスト」を7月20日に配信し、新作タイトル3本の最新情報を明らかにしている。

今回配信された新作タイトルの1つである『遊戯王マスターデュエル』は「世界中のファンに愛される遊戯王OCG/TCGをオンラインで楽しめるデジタルゲーム」となっている。公式チャンネルで公開された映像では、本作から初めてシリーズの作品に触れるプレイヤー向けにチュートリアルのような要素も用意していることや、『遊戯王』では初となる4K解像度への対応を予定していることも明らかとなっている。

発売日については公開されていないものの、『遊戯王マスターデュエル』はプレイステーション5、プレイステーション4、Xbox Series X、XboxシリーズS、Xbox One、Nintendo Switch、スチーム、iOS、Android向けに発売が予定されている。

2つ目の新作タイトルとして、8月12日に発売予定の『遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル!!』が紹介されている。この作品はテレビ東京系列で放送中のアニメ『遊☆戯☆王SEVENS』を題材にした対戦型カードゲームとなっている。

『遊戯王ラッシュデュエル最強バトルロイヤル!!』はNintendo Switch向けに発売され、ヨーロッパや北米、中国でも発売が決定している。

3つ目の新作タイトルであるスマートフォン向けゲーム『遊戯王クロスデュエル』は4人対戦のカードバトルを特徴としており、全世界で1億4,000万以上のダウンロード数を記録した『遊戯王デュエルリンクス』の最新版となる。

『遊戯王クロスデュエル』はiOSとAndroid向けにリリースされる見込みとなっており、さらなる情報は今後公開される見通しとなっている。

その他のコナミ関連のニュースとして、FCバルセロナに所属するサッカー選手のアントワーヌ・グリーズマンが2019年に人種差別的な発言をしたとされる動画が流出したことを受けて、同社は7月7日に同選手との『遊戯王』の​アンバサダー契約を解除したと発表している。

また、『eフットボール ウイニングイレブン 2021 シーズン アップデート』の第2回目となる公式eスポーツ大会の決勝戦が先日行われていた。ヨーロッパ・サーバー部門では16カ国の代表チームが優勝を目指してオンラインで対戦しており、大半のヨーロッパ主要国の代表選手たちが最終グループに進出していたなか、イングランドの代表チームはグループ・ステージを突破することなく敗れている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ