Photo: Black Mill Games

ストラテジー・ゲーム『ディフェンス・グリッド:ジ・アウェイクニング』と1人称シューティング・ゲーム『ヴェルダン』がエピック・ゲームズストアに7月23日から30日まで無料ゲームとして登場する。

この2作品はエピック・ゲームズストアで無料配信中のSFアドベンチャー『オブダクション』と戦略ゲーム『オフワールド・トレーディング・カンパニー』に代わって登場することになる。

『ディフェンス・グリッド:ジ・アウェイクニング』は拠点を防衛するタワー・ディフェンス・ゲームとなっており、アメリカのゲーム会社ヒドゥン・パス・エンターテインメントが開発を手掛けた作品として2008年にリリースされている。一方、『ヴェルダン』は第一次世界大戦を舞台にした1人称視点のシューティング・ゲームとなっており、オランダのゲーム会社であるブラック・ミル・ゲームズとM2Hが2015年に共同でリリースしている。

エピック・ゲームズストアはPCゲームのオンライン・プラットフォームを運営するスチームに匹敵するサービスを展開しており、2020年の1年間に無料配布した作品数が103タイトルにのぼることが明らかとなっている。昨年度の無料タイトルの合計ダウンロード数は7億4900万本を記録したと発表されていることから、多数のユーザーが同ストアの無料配布を利用したことがうかがえる。

『ディフェンス・グリッド:ジ・アウェイクニング』について、エピック・ゲームズストアでは「プレイヤーのスキルレベルにかかわらず、誰もが楽しめる究極のタワーディフェンスゲームです。敵の大群が侵入してくる中、どんな戦略で敵の基地周辺に防御タワーを築いて阻止するのかはプレイヤー次第です」と紹介されている。

また、『ヴェルダン』については「過酷な塹壕戦」で、プレイヤーは「部隊と共に激しい攻防戦を体感することになる」と説明されている。『ヴェルダン』は第一次世界大戦の戦場を忠実に再現した初のマルチプレイヤーFPSとなっており、これまで明かされてこなかった当時の戦場での光景を、臨場感とともに再現している。

『オブダクション』と『オフワールド・トレーディング・カンパニー』はエピック・ゲームズストアで日本時間の7月23日0時まで無料でダウンロードすることができる。

その他のニュースとして、エピック・ゲームズは7月15日から『フォートナイト』の「アイコンシリーズ」にNBAのバスケットボール選手であるレブロン・ジェームズを登場させている。

『フォートナイト』については、良いニュースばかりが続いているわけではなく、ユーザーが作成したマップにイスラム教の聖地に似た建造物が登場していたことを受けてインドネシアの観光・創造経済大臣が国内での『フォートナイト』のプレイを禁止するよう要請していることが明らかとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ