Photo: Enhance

アメリカのゲーム開発会社であるエンハンスは『テトリス エフェクト・コネクテッド』を8月18日にスチームで発売することを発表している。

『テトリス エフェクト』は音楽シューティングゲーム『レズ・インフィニット』のプロデューサーを務めた水口哲也が従来のパズルゲーム『テトリス』に「シナスタジア(共感覚)」の要素を加えた新感覚の『テトリス』となっており、2018年にプレイステーション4 とプレイステーションVRで発売されている。

本作はその後、2019年にエピック・ゲームズ・ストアでPC版が追加されたほか、2020年にはオキュラス・クエスト専用のVR版も登場している。

『テトリス エフェクト・コネクテッド』は協力・対戦マルチプレイヤー・モードを新たに追加した『テトリスエフェクト』の「究極版」となっており、2020年10月にXbox One、PC(マイクロソフト・ストア)、XboxシリーズX/S向けにもリリースされている。

本作がスチームで発売されるのは今回が初めてとなっており、他の全プラットフォームのユーザーに向けた拡張アップデートも同日8月18日に無料で配信が予定されている。

『テトリス エフェクト・コネクテッド』のタイトルにもなっている「コネクテッド」モードでは3人1組のチームを組み、AIで制御されているボスの撃破を目指して他のプレイヤーたちと協力することになる。

また対戦モードでは、オリジナル版の『テトリス エフェクト』でも導入された「ゾーン」システムで時間とテトリミノ(ブロック)の落下を止めて1対1の対戦ができる「ゾーンバトル」や、相手よりも高いスコアを獲得して勝利を目指す「スコアアタック」などの通常ルールでプレイすることもできる。

本作は、プレイステーション4、Xbox、PC、VR版の全プラットフォーム間でクロスプレイに対応している。クロスプレイはプレイルームを設定して4桁の英数字の「ルームID」コードを共有することで利用でき、他のプラットフォームのプレイヤーとゲームを楽しむことができる。

その他の機能として「観戦モード」や初代『テトリス』ヨーロッパ(PAL)版を再現する「PALスピードモード」、ゲーム進行が遅くなり、より戦略的なスコアアタックが楽しめる「スロー・スピードモード」が追加されている。

『テトリス エフェクト・コネクテッド』は、すでにスチームのウィッシュリストに追加できるようになっている。スチーム版は発売から2週間は25%オフで販売され、早期購入特典としてデジタルデラックス・ダウンロード・コンテンツを無料でダウンロードできる。

その他のニュースとして、Nintendo Switch版『ポケモンユナイト』は9月にリリースが予定されているスマートフォン版に先立ち、7月21日から配信されることになる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ