Photo: Heritage Auctions

任天堂の3Dアクションゲーム『スーパーマリオ64』の貴重な未開封品が、ゲームソフトのオークション史上最高額となる約1億7,200万円(156万ドル)で落札されている。『スーパーマリオ64』は任天堂の家庭用ゲーム機「NINTENDO64」用に発売されたタイトルとなっている。

最近では7月9日に初代『ゼルダの伝説』のソフトがオークションで約9,600万円(87万ドル)で落札され、それまでの記録を更新していたが、それから2日も経たないうちに今回のニュースが発表されている。

ヘリテージ・オークションに出品された1996年発売の『スーパーマリオ64』の未開封品は、ゲームの品質や状態を査定するワタ・ゲームズの査定で、コンディションに関する評価は9.8で、シール(パッケージ)の品質はA++という評価を獲得している。ヘリテージ・オークションのサイトでは、この『スーパーマリオ64』が「息を呑む」ほど素晴らしい状態であり、「言葉を失う」と表現している。

同社は「この出品を無駄にしてはいけない」と考え、『スーパーマリオ64』の入札を行った結果、ゲームソフトの最高額を更新する約1億7,000万円(156万ドル)で落札されている。

今回の記録更新は、4月のヘリテージ・オークションの競売で『スーパーマリオブラザーズ』の海外向けファミコン版が約7,300万円(66万ドル)で落札され、当時の記録を更新してからわずか数ヶ月後のこととなっている。『スーパーマリオブラザーズ』の場合、コンディションに関する評価は9.6で、シール(パッケージ)の品質はA+となっていた。

その他の『スーパーマリオ』関連のニュースとして、熱心なファンの後押しにより、新たにMODとして『スーパーマリオワールド ワイドスクリーン』が登場し、『スーパーマリオワールド』をワイドスクリーンでプレイすることができるようになっている。

『スーパーマリオワールド ワイドスクリーン』は「E3 2021」の直前に配信され、プレイヤーはオリジナル版の4:3スクリーンとは大きく異なる16:9スクリーンで、レトロな横スクロールを体験することができるという。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ