Photo: Bethesda Softworks

フランスのゲーム開発会社であるアーケイン・スタジオは『デスループ』の約10分におよぶゲーム・プレイ動画を公開している。本作は、現地時間7月8日に配信されたソニー・インタラクティブ・エンターテイメントの配信番組「ステイト・オブ・プレイ」で最注目のタイトルとして紹介されていた。

『デスループ』は謎の島「ブラックリーフ島」を舞台にタイムループからの脱出を目指す一人称視点のシューティング・ゲームとなっており、今回のゲーム・プレイのデモ映像では、ゲームのストーリー展開が明らかになっている。

動画は、主人公の「コルト」が「ウルフ」こと「アレクシス・ドーシー」を暗殺しようとしている場面から始まっている。

「アレクシス・ドーシー」は、ゲームクリアのために主人公が倒さなければならない「ヴィジョナリー」と呼ばれる8人の標的のうちの一人となっている。一方で、宿敵である「ジュリアナ」も主人公の命を狙っている。「ジュリアナ」はシングルプレイ・モードではAI操作となるが、オンラインモードではプレイアブル・キャラクターとして選択することができる。また「ジュリアナ」に扮して別のプレイヤーのゲームに参加するオプション機能も搭載されている。

動画は主人公の死が自動的にループをリセットするだけでなく、「リプライズ」と呼ばれる能力をアンロックすることにより、2回まで時間を巻き戻して直前の状況に復活できることを紹介している。

他にも自由自在に敵を投げ飛ばすことができる「カーネシス」という能力や短距離をテレポートする「シフト」などの能力も紹介されており、これらの能力は同じくアーケイン・スタジオが手掛けたアクションアドベンチャー・ゲーム『ディスオナード』でも採用されている。

主人公は「レジドゥム」という謎の資源を武器などに注入することで、お気に入りの武器や能力を持ち越すことができるため、たとえ死んでしまっても全てを一からやり直す必要はない。「レジドゥム」は、敵を倒すことで入手できる。

本作はプレイステーション5のデュアル・センス・コントローラーに搭載されている機能「ハプティック・フィードバック」と「アダプティブ・トリガー」を利用して主人公の動きや武器操作で独特な体感を得られるようになっている。

ゲーム・プレイ動画では、主人公の「コルト」と「ジュリアナ」が任務をこなしながら会話している様子が描かれているが、実際に「ジュリアナ」が現れると音声アラートで通知される仕組みになっている。今回のゲーム・プレイ動画は、彼女の視点からスナイパーライフルで主人公を仕留めるところで終わっている。

『デスループ』はプレイステーション5とPC向けに2021年9月14日に発売予定となっている。

本作は当初、今年5月の発売が予定されていたものの、「アーケイン・スタジオ全員の健康と安全を守りながら、高品質の作品に仕上げるため」にさらなる開発時間を必要とするという理由から、発売が延期されていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ